【書評】維新流トレード術(維新の介)の本の評判は?トレードに自信がない人に読んで欲しい1冊です。

どうも、ゆきまさFXです。

今回はFXトレードにおけるトレーダーマインド&大衆心理について書いていこうと思います。

そもそもこの記事を書こうと思ったのはTwitterで呟いた下記のツイートが意外と「リツイート&いいね」されていた事がきっかけです。

なるほど、みんなFXをやる上でのメンタル面の管理みたいなものに少なからず興味があるんだなーと。

そこで今回はFXトレードにおけるメンタルの話と、大衆心理(市場心理)を使ったトレード思考について書いていこうと思います。

トレードの心理学的な側面については、僕もブログでよく紹介している「大衆心理を利用して利益を上げる!維新流トレード術」がピカイチで分かりやすいので、今回は書評も兼ねて、僕自身が考えているトレーダーのマインド論についての話をしますね。

ちなみに「大衆心理を利用して利益を上げる!維新流トレード術」は無料でもらえる書籍なので、まだ読んだ事がない人は一度読んでみるといいです。

・「大衆心理を利用して利益を上げる!維新流トレード術」を無料でもらう

※上記書籍はAmazon等でも購入できますがその場合有料なので、公式サイトから無料でもらったほうが普通にお得です。



スポンサーリンク

維新流トレード術:トレードにおける自信=楽観エリアの見極め

まず今回一番最初に伝えたい最重要ポイントは「トレードにおける自信」というメンタルについてです。

もう一度僕のTwitterの呟きを読んで欲しいんですが、僕はトレーダーのメンタル管理というのは心を鍛えるというような類のものでは絶対にないと思っています。

例えば、「よし、今日という今日は絶対に利食いをところん伸ばすぞ!」とか「途中少し逆行しても建値で逃げたりなんかするもんか!今日の俺は心が強いんだぞ!」みたいな事がFXで求められるのかといえばNOです。

その日の気分で利食いにおけるマインドがコロコロ変わってしまうようなメンヘラゲームをしていたら、正直いつ精神崩壊を起こしてもおかしくないですからね。

ではトレーダーにおける自信とは果たして何か?

これは「大衆心理を利用して利益を上げる!維新流トレード術」という書籍の中で解説されている“楽観エリア”という概念を的確に理解できているのかという事だけです。

ちょっと例を出しましょう。

僕の場合であれば第3波が確定しているポイントでは、正直心に物凄く余裕を持ってポジションを抱えながら目標値までホールド出来ます。

図で書くのであればこういったポイントになります。

これは赤○の高値をレートが超えた瞬間に第3波が確定するわけなので、そこを越えればN波動終点までは基本的にチャートは伸びていくという法則によるものです。

だからこの領域でポジションをホールドするときは、強気でホールドしていられるわけですね。

僕は決して「よし、今日は気合い入れてガチホするぞ!」みたいなマインドではなくて、第3波の波動に波乗りしているんだし、基本的にはまだ伸びていく位置でポジション掴めているから安心安心ってマインドでホールドしているだけです。

ここで大事なのは、トレーダーがポジションをホールドするときの自信は、確実にロジックに裏付けられていなければダメという事ですね。

ちなみに僕がTwitterで呟いた他のツイートをここで改めて紹介しておきます。

このツイートの意味が今ですが、ここまで読んでくれたあなたなら確実に理解出来ると思います。

要するに「楽観エリア」のみを攻略すればいいよ。というメッセージでもあるわけです。Twitterは140文字までしか書けないので、ブログで補強しておくとこんな感じになります。

「大衆心理を利用して利益を上げる!維新流トレード術」の中ではこの領域を楽観エリアと呼び、下記のようにまとめてありますがまさにその通りです。

値動きを追いかけるのではなく、どのエリアを獲りに行くか

出典:大衆心理を利用して利益を上げる!維新流トレード術

まずは狙う領域を先決め、その領域をどう取るのかが手法の役割って事になります。

どの領域を狙うのかはあなたの自由ですが、とにかく先に的を絞るって事が大事です。そして出来るだけ狙いやすい的を狙うのが鉄則になってきます。

まあ簡単な話それが「第3波」って事です。

第3波の中を動いている間は市場心理も楽観モードに入っているので、あなたも大船に乗ったつもりでいればいいですよね。

トレーダーの心理を強化出来るのはこういったロジックからくる自信、そして何度もその領域で勝ち経験を積んだという蓄積された経験値だという事を意識しておいてくださいね。

これ重要なのでしっかりメモですよ!



スポンサーリンク

「大衆心理を利用して利益を上げる!維新流トレード術」でその他に学んでおくべき事

ではせっかくなので、「大衆心理を利用して利益を上げる!維新流トレード術」の中で書かれている内容において、これだけは絶対に理解しておいたほうがいい!って内容を紹介しておきます。

①幽霊と相場は寂しい方に出る

FXトレードにおいて絶対にやってはダメな事の1つと言えば「追いかけ」ですよね。

僕がブログの中で紹介しているおすすめ書籍の中の1つに「高勝率トレード学のすすめ」という書籍があります。

その本の中ではトレーダーが敗北していくメインの原因は2つで、「オーバートレードと追いかけエントリー」であると書かれていますがまさにその主張とも一致します。

「大衆心理を利用して利益を上げる!維新流トレード術」の中では追いかけエントリーを撲滅するための啓発として、下記の表現を使って分かりやすく解説されています。

トレードにおいて最もしてはいけない事は、

・価格が上に動いたから買う

・価格が下に動いたから得る

出典:大衆心理を利用して利益を上げる!維新流トレード術

②FXは分かるところを分かって解くビジネス

それからもう1つ重要な考え方を紹介します。

それはFXとはシンプルに「自分が学んできた事を使って、分かる値動きだけを抜いていく」という非常につまらない作業って事です。

これはテストに例えて考えると分かりやすい。

例えば習っていない範囲から問題が出題されても解けるわけないじゃないですか。

「十七角形の面積求めなさい」って言われても無理でしょ。そんなの習ってないですからね。

でも「三角形の面積を求めなさい」って問題なら楽勝で解けます。

「底辺×高さ÷2」って公式を知ってるから、自信を持ってマークシートが埋められる。

FXでもそれと一緒です。

例えば最初に紹介した“楽観エリア”なら、どっちに値動きが発生するか(正確にはしやすいか)は知っているわけなので、自信を持ってエントリーできるじゃないですか。

三角形の面積の求め方なら公式を知っているから自信を持って回答できるのと同じような感じで、自信を持って買いとか売りをすればいいです。

逆に言えば面積の求め方を知らない十七角形なんて捨て問題にすればOKって事になります。

つまり、ここまでの話からあなたがFXで自信を持てていないとすれば原因は大きく2つあるという事が分かります。

①自分がどの問題を解いているのかすら分かっていない。

②公式を分かっていない。

①は自分が十七角形の面積を求めようとしているのか、三角形の面積を求めようとしているのかすら把握していないって状況。

これはどのエリアを狙うのかをそもそも事前に決めていない事や、各エリアの特徴の勉強不足って事になります。

例えば十七角形って言われて角が17個ある図形って事すらイメージできていないパターンですよね。第3波って言われても、それどこよ?みたいなステージの人。

これは知識で補えるので、まずは勉強しなきゃダメな段階って事になります。

②については三角形の面積を求める事は把握してるけど、公式知らないor忘れちゃったみたいな状況ですよね。

FXの場合はこれが手法って事になりますが、三角形の面積の求め方も実は色々あるのと同じように同じく沢山あります。

人によってはMAを使って解決したり、RSIを使って解決したりとマチマチです。

三角形の面積を出すにも小学校で習う公式で解く人もいるけど、sin(サイン)使って解く人もいます。どっちも正解だし趣味の問題なので、そこは自分で決めてください。

とにかく大事な事は、あなたが分かる所を分かる手法で解いていく事。FXも全く一緒だって事が最大のポイントです。



スポンサーリンク

最後に:「大衆心理を利用して利益を上げる!維新流トレード術」でメンタル分析!

トレードにおいて、自分のメンタルと日々向き合いながらスキルを磨いていく事が重要です。

しかし、メンタルのコントロールというのはあくまで「ロジック」によって裏付けされているものだという事が大事です。

決して「心の強さ」という曖昧なものじゃないので注意してください。

今回参考書籍として活用した「大衆心理を利用して利益を上げる!維新流トレード術」ですが、この本を通して得られる一番の学びはトレードにおける自信のつけ方の正体がはっきり分かるという事です。

特に楽観エリアの考え方や、分かる所を分かるやり方で獲っていくという思考はめっちゃ大事だと思うのでよーく読み込んで勉強してみるといいと思いますよ。

無料で読める書籍なのに、情報密度が濃い1冊なので今月の課題図書にしてみてください。

・「大衆心理を利用して利益を上げる!維新流トレード術」を無料でもらう

ではでは。



スポンサーリンク



ゆきまさFX無料メルマガ講座
"3つの豪華特典"プレゼント中

①プロが行う『環境認識』

②超シンプル!!『水平線分析』

③相場で『最もおいしいポイント!!』




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です