【悲報】トライオートFXの推奨証拠金を信じると失敗する件!ロスカットされない目安は〇〇円!

トライオートFXの自動売買に興味があるけど、正直ロスカットされないか心配!
トライオートFXの自動売買セレクトに書いてある推奨証拠金を入金しておけばロスカットはされないよね?それとも、もっと多めに入金しておかなきゃダメ?

これからトライオートFXの自動売買を運用しようと考えている方が不安に思うのは「強制ロスカット」ではないでしょうか?

自分では損切りを考えるプライスじゃなかったのに、証拠金が不十分だったため意図しない強制ロスカットは避けたいですよね。

そこで今回は、トライオートFXでも一番人気の「豪ドル/NZドルコアレンジャー」で運用した場合、最低でもどの程度の証拠金を入金しておけばロスカットを避けることが出来るのかを具体的な数値で解説していきます。

↓↓トライオートFXのことが3分で分かる動画はこちら↓↓

関連記事:【超入門】トライオートFXの評判や口コミ!初心者向けに分かりやすく解説

<インヴァスト証券の公式サイト>
トライオート

トライオートFXの推奨証拠金さえ入金しておけばロスカットされないは嘘!

トライオートFXの自動売買セレクト(自動売買のプログラムを選ぶ画面)に行くと、各通貨ペアのロジック毎に「推奨証拠金」というものが記載されています。

例えば豪ドル/NZドルのコアレンジャーであれば下記の通り推奨証拠金が、「130,068円」となっていますね。

これは1000通貨で運用した場合、口座には「130,068円」の証拠金を入金しておくことをオススメしますという、トライオートFXからのメッセージみたいなものです。

では、実際にトライオートFX側がオススメしている推奨証拠金をきっちり入金しておけばロスカットされることはないのか?僕たちが知りたいのはそこですよね。

この疑問に対する答えですが、「推奨証拠金をきっちり入金していてもロスカットされる可能性がある」です。

実際に僕自身が電卓を叩きながら計算してみると、運が悪い人(始めるタイミングの問題です)の場合は、推奨証拠金をきっちり入金していても、ギリギリロスカットされてしまうケースがありました。

ちょっと下図を見てください。これは豪ドル/NZドルの週足チャートです。

過去の事例から分析すると、豪ドル/NZドルは2015年4月に最安値「1.002付近」をつけていますよね。要するにこのポイントまで来ると一番含み損が拡大していることになります。

コアレンジャーロジックでは、コアレンジ帯とサブレンジ帯で買い注文が一定間隔で発注されているので、保有している買いポジについては全て含み損になっているはずです。(コアレンジャーのロジクなら買い注文が最大で22本約定します。)

では、仮に2015年のそのタイミングで運用していた場合の含み損を公式サイトでシミレーションすると下記の通りになります。

「あれ、推奨証拠金が約13万円で、含み損が約10万円であればロスカットされないんじゃないの?」と思われる方もいるかもしれませんが、残念ながらこの水準ではロスカットされます。

なぜならロスカットされる場合の計算式がもう少し複雑になっていて、「推奨証拠金(13万円)>含み損(10万円)」を満たせばいいという訳ではないからです。

ちなみに実際にロスカットされないための必要入金額を求める計算式は下記の通りになっています。

ロスカットされないための必要入金額の計算式
必要入金額=必要証拠金額×1/2+含み損

この必要証拠金額を求める計算式も別であり、少し複雑なのでここでは説明を割愛しますが、僕が電卓を叩いて計算した結果、上記の最悪の状況でもロスカットされずに済む入金額は「約14万円」でした。

つまり、公式サイトに記載されている推奨証拠金約13万円を信じ、13万円スレスレの金額しか入金していないと、2015年4月にはロスカットを食らうことになっていたということですね。

よって、ロスカットされたくないのであれば、推奨証拠金よりある程度余裕を見て入金しておかないといけないとうことになります。

豪ドル/NZドルのコアレンジャーで運用した場合証拠金はいくら入金すべきか?

では、これから実際に「豪ドル/NZドルのコアレンジャー」で運用を考える場合、各枚数毎に必要な入金額がいくらになるのかを考えます。(ここで解説するのは、仮に上記のように2015年4月の水準まで下落した場合でもロスカットされない入金額という意味で捉えてください。)

僕の場合は思い切って公式サイトに記載されている推奨証拠金の1割ぐらい多めに入金しておくべきだと思っているので、その金額を記載しておきます。

推奨証拠金
(公式サイト)
オススメ入金額
1,000通貨 130,068円 約14.5万円
3,000通貨 390,205円 約43万円
5,000通貨 650,351円 約72万円
8,000通貨 1,040,546円 約114万円
10,000通貨 1,300,683円 約143万円

参考までに1,000通貨〜10,000通貨の場合で記載しておいたので参考にしてください。

トライオートFXの自動売買は最低1,000通貨から運用できるので、手元に約14.5万円程あればOKです。

トライオートFXではシナリオが崩れるまでは損切りしないことが大事!

トライオートFXの自動売買で失敗しないコツは「シナリオが崩れるまで損切りしないこと」です。

例えば豪ドル/NZドルのコアレンジャーのロジックで運用する場合であれば、想定しているレンジの中を動いている以上シナリオが崩れている訳ではないので、途中で損切りすることはやめたほうがいいです。

損切りになるタイミングは、想定レンジの外側にはみ出した時と考えておきましょう。

そのためにも、レンジの中を推移しているにも関わらず入金額が少なすぎてロスカットされてしまった!ということにならないように注意しましょう。

豪ドル/NZドルの損切りの考え方については別記事で解説しているので、参考までにどうぞ。

関連:トライオートFXの損切り戦略を公開!最悪のシナリオを常にイメージしないと大コケする件

まとめ:トライオートFXでは証拠金の入金額は多すぎても少なすぎてもNGです!

最後に結論ですが、トライオートFXで自動売買を行う場合は証拠金の入金額は多すぎても少なすぎてもダメだということです。

少なすぎると意図しないロスカットに巻き込まれるリスクがあり、多すぎてもそれは死に金ですからね。

自分が運用する枚数をまずは決め、レンジの外側にはみ出すまでは強制ロスカットされない水準で入金額を決めてください。

僕の運用している感じたと5,000通貨ぐらいで1週間に+4,000円ぐらいの利益なのでこのぐらいを狙ってみるといいと思います。

↓↓運用開始1週間の利益↓↓

もちろん最低金額の1,000通貨でもOKですが、それだと月に1,000円程度しかリターンが期待できないので、最低でも週の利益3,000円ぐらいを狙って3,000万通貨ぐらいで運用する自動売買をセレクトするのがオススメです。

また、トライオートFXでは、初回に限って自動売買を実行すれば最大で10,000円のキャッシュバックも受けらます。まずは貰えるものを貰ってやる根性で始めるのもアリです。

そして実際の売買を経験し、最終的には運用利回りだけで飯が食えるところまで極めていきましょう!

最初は少額でテストして、利益が積み上がってこれば取引数量を増やすことで利益を雪だるま式に増やしていけるのがFXの醍醐味ですね!

トライオートFXはもちろん無料で登録することが出来ます。

少しでも気になる方は登録しておきましょう。実際にマイページにログインして、ツールを触って見たほうがイメージも膨らみますよ!

・トライオートFXの無料登録はこちら(インヴァスト証券公式ページ)

トライオート

 

ゆきまさFXではFXの裁量トレードに関する無料メルマガもやっていますので、ぜひそちらもよろしくお願いします。

無料メルマガ ⇨ 詳細を確認する

スポンサードリンク


スポンサードリンク



ゆきまさFX無料メルマガ講座
"3つの豪華特典"プレゼント中

①プロが行う『環境認識』

②超シンプル!!『水平線分析』

③相場で『最もおいしいポイント!!』




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です