楽天証券×楽天カードが積立NISAの最適解!楽天ポイントのメリット総まとめ!

もしかしてあなたは「積立投資なんてどこの証券口座を使ってもそんなに大差ない。」って思っていませんか?

確かに、投資する商品が同じであれば結果も同じなので、どこの証券会社を使っても結局一緒です。

しかし、積立投資の「購入方法」に注目すると話は全然変わってきます!

なぜなら、クレジットカードを使って投資信託を購入できるのであれば、購入金額の1%のポイントが還元されるため、実質的に1%のコストカット出来るからです。

今までは投資は現金払い(引き落とし)でしか投資は出来ないのが当たり前でしたが、なんと2018年の10月より「楽天証券」がクレジットカード払い(楽天カード)に対応しました。

この革命的なサービスが開始されたことにより、今まではどこの証券会社で積立投資をしても一緒でしたが、楽天証券が完全に頭一つ抜き出ることになりましたね。

そこで今回は、「楽天証券×楽天カード」の合わせ技で積立投資を行い、楽天ポイントをザクザク貯めた場合、どのようなメリットがあるのかを徹底解説していきます。

<積立NISAは楽天証券が一番お得!>

楽天証券

楽天証券が積立投資に楽天カード決済を導入!もちろんポイントも貯まる!

 

 

冒頭でもお伝えした通り、2018年10月より楽天証券と楽天カードが連携して、投資信託の購入方法に待望の「クレジットカード払い」を導入しました。

当然カード払いをした際の「1%のポイント還元」も受けられることで業界には激震が走りました。

普通に考えれば投資信託の購入というのは、日本円という現金を有価証券に換金する作業であり、消費ではありません。手元に資産は残ったままですからね。

この「資産移動」に対してポイントが付与されるという点が、まさしく革命的だと言えます。資産を減らさずして、ポイントという資産を稼ぐという、反則級の錬金術がここに誕生しましたからね。笑

注意点としては、今回のカード払いの対象は「積立投資」に限定されているということです。

もちろん、通常の証券口座での積立投資に加え、非課税の優遇措置が受けられる積立NISAも対象となっています。

また、カード払い出来る金額には上限があり、毎月5万円がアッパーとなるので注意が必要です。

しかし積立NISAで運用する場合は、年間40万円が非課税枠の上限でもあるので「毎月33,333円」がそもそもの限界です。よってそこまで気にする必要はありません。

仮に積立NISAで上限40万円まで積立を行った場合、年間で付与される楽天ポイントは4,000円となるので、毎年何もしなくても4,000円の配当がもらえるって考えると、驚異的な制度ですよね。笑

積立NISAは最長20年間運用できるので、4,000円×20年で累計80,000円分のポイントが貯まると考えると、これをやらないのは流石に勿体ないですね。普通に国内旅行なら2、3回行けちゃいます。

ただし、カード払いについては「楽天カード限定」です。もし楽天カードをまだ持っていない人は発行しておきましょう。

楽天カードは年会費も入会費も無料で、初回発行&1円以上の決済で5,000ポイント貰えるキャンペーンもあります。

作っておいて一切損のないカードなので、この機会に1枚保有しておくといいでしょう。

・楽天カードの公式サイトこちら

楽天証券と楽天カードで貯めたポイントの活用方法まとめ

 

 

楽天カードで積立投資をすればポイントが獲得出来るのは分かったけど、そもそも楽天ポイントってそんなに使い道あるの?と疑問に思っている人もいらっしゃると思います。

そこで普段から楽天カードのヘビーユーザーでもある僕が、楽天ポイントの有効活用の仕方を紹介していきます。

はっきりいますが、あらゆるポイントの中で楽天ポイントほど攻撃範囲の広いポイントはないですよ!

①楽天市場の買い物で使う(ふるさと納税もOK)

一番オーソドックスなポイントの使い方は「楽天市場」での買い物にそのまま使うことです。貯めたポイントは1ポイント1円として、1円単位で利用することができます。

楽天市場は「何でも屋さん」なので、食品から家電、本、衣類まで何でも揃っています。欲しいものがなく、ポイントの使い道がないと悩むことはありえません。

また、楽天市場のいい所は、楽天市場を経由して「ふるさと納税」を行うことが出来ることです。

ふるさと納税をするときでも、楽天ポイントを使って支払いをすることが出来るので、節税対策としてもポイントが活用出来るのは嬉しいです。正直この活用方法が一番オススメです。

②楽天トラベルでホテル宿泊料金として使う

楽天が運営する宿泊サイト「楽天トラベル」でホテルを予約すれば、宿泊代としてポイントを活用することができます。

家族旅行をする際や、ちょっと贅沢に高級ホテルに宿泊する際にポイントで割引されるのは、かなりお得感も味わえます。

③楽天Edyに交換すれば日常生活の決済に使う

貯めた楽天ポイントは、電子マネー「楽天Edy」に交換することも出来ます。

楽天Edyはコンビニでの決済、自動販売機での決済、薬局や美容院での決済などかなり守備範囲の広い電子マネーです。これで実質的に現金に戻しているような感じです。

楽天Edyについては、楽天カードを発行する際にクレジットカードに付帯させることが出来るため、余分にカードを発行する必要もなく、かなりスリムです。

クレジットカードを発行する際は、必ず「楽天Edy付帯」にチェックを入れて申し込むといいでしょう。もちろん無料で付帯出来ます。

・楽天カードの公式サイトこちら

④楽天ポイントでそのまま投資を行う

そして最後ですが、楽天ポイントの面白いところは、ポイントでそのまま投資信託を購入することが出来ることです。

ポイントはすべて使うことも、一部だけ使うことも自由です。

貯めた楽天ポイントで欲しいものを購入したり、電子マネーに変えるのもいいですが、堅実に投資に回していくのもかなり賢い使い方です。

そして、ポイントを使って購入した投資信託でもを利益確定すれば現金として手元に戻すことが出来ます。なので、実質的にはポイントを現金化出来るというのも大きなメリットです。

ただし、楽天ポイントを使って投資をする場合は「楽天証券」の口座を作っておく必要があります。楽天証券の口座はもちろん無料で作れるので、まだ持っていない人はサクッと無料登録だけ済ませておくといいでしょう。

・楽天証券に無料登録する(公式ページ)

楽天証券

積立NISAを検討している人は「楽天証券×楽天カード」の最強コンボで攻めよう!

 

 

これから「積立NISA」を始めようとしている人は、絶対に「楽天証券×楽天カード」の最強コンボで攻めましょう。

やはりポイントで1%還元されるメリットは他の証券会社と比較しても、断トツですよね!

積立NISAを始めたいけど、どんな商品で運用していいか悩む!という方は「【積立NISA】理屈抜きでコレがおすすめ商品!選び方の基準は〇〇だけ」でオススメ商品を紹介しているのでチェックしてみてください。

また、積立NISAはかなりお得な制度ですが、2037年までの時限的な制度となっています。つまり、始める時期が遅くなればなるほど運用できる期間が刻一刻と短くなっています。

インデックス投資は長期間の運用をすればするほど大きな利益が期待できるの運用手法なので、早く始めないとめちゃくちゃ勿体ないです。平気で数十万、数百万とトータル利益が変わっちゃいますからね。

楽天証券は無料で口座開設が出来ますが、本人確認やマイナンバーの提出に一定の時間はかかってしまいます。

「いざ始めたい!」と思ってから口座開設していると、そこでも時間が過ぎ去っていき、得られる利益も減っていくリスクがあるため、とりあえず証券口座だけは作っておく事をオススメします。

運用商品を選らだり、積立金額を決めるのはいつでも出来ますし、あとから変更する事もできるので、とりあえず始めたいと思った時にいつでも始められるように準備しておいてください!

※積立NISAの口座は楽天証券の「総合口座」の開設が必要です。総合口座を開設する際に、積立NISA口座もセットで開設できます。

・楽天証券の公式サイトはこちら

楽天証券

 



スポンサードリンク



ゆきまさFX無料メルマガ講座
"3つの豪華特典"プレゼント中

①プロが行う『環境認識』

②超シンプル!!『水平線分析』

③相場で『最もおいしいポイント!!』




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です