お金2.0から学ぶ”3つのベクトル”と仮想通貨を学ぶ意味

どうも、みなさんこんにちは。

ゆきまさFXです。

 

今回はまず、ブログ読者さんに紹介したいと思う、

面白い“読み物”があるのでサクッと紹介。

それがこちらです。

 

『マイクロファイナンスキャンペーン』

 

これは取引所の価格差に着目して、

価格差を抜いていくという手法をまとめたもの。

いわゆる“アービトラージ”です。

 

僕も半年以上前から着目はしていましたが、

一切実行することがなかったので、

これを気に勉強したいと思います。

 

“無料”で読めるみたいなので、

コーヒーでも飲んで、休憩がてらどうぞ。

 

『マイクロファイナンスキャンペーン』は、

3月27日〜30日の“4日間限定公開”みたいなので、

忘れないうちにチェックしておいてください。




自分を疑うこと、それも強さです。

 

さて、話はガラッと変わりますが、

いつも僕が意識している思考について、

ちょっと書いていこうと思います。

 

僕は物事を考える時はいつも、

『今の自分の行動って本当に最適なの??』

を常に懐疑心を持って考えるようにしています。

 

例えば、スーパーとかで夜ご飯買う時とか、

丼物とか買っちゃうと5〜600円超えますよね?

 

でも、丼ものだけじゃやっぱり栄養が偏るから、

野菜のお惣菜も買わなきゃな!!ってなるじゃないですか?

ただ、ぶっちゃけ野菜の惣菜高い。

 

大根サラダとかだけでも、

軽く200円とか超えてきちゃいます。

丼ものと合わせると結構割高です。

 

だから、野菜はいっか。

ってなっちゃう人多いと思うんですよね。

 

だけどこれはすごく近視眼的で、

長期的に見れば病気になるリスク上がるし、

それで体調悪くしたら野菜代以上の損失です。

 

だから、

『あれ、今の自分の行動って本当に最適??』

と疑問を持つようにしておくと、

ちゃんと野菜も買っておくか。となるわけですね。

 

ここでたかが数百円をケチることは、

全然合理的じゃないな。と目が覚めますから。

 

同じことはFXをやっている時にも言えます。

 

例えば自分の売買ルールを決めよう!!と思って、

移動平均線に注目したルールを固めようとするじゃないですか?

だけど、少し時間が経つとほとんどの人は浮気します。

 

『あれっ、一目均衡もセットにした方がいいかな?』

みたいに、段々と当初から悪い意味でブレていきます。

 

これは、完璧を目指したがる人間の思考ですが、

要するに負けを受け入れられていないわけですね。

 

手法なんですから、勝率100%は絶対にないのに、

やっぱり負けたくないもんだから、手法をいじりたがります。

 

移動平均の手法で当初やっていって、

途中で少し負けが重なると、

『あれ、この手法ダメじゃない??』と思い、

じゃあ一目均衡も追加しよう!!みたいな。

 

でもやっぱりどこかでは負けるので、

『くそ、ならRSIも追加しちゃえ!!』

とまたブレはじめて、永遠にルールが固まらない。

 

結局“負けたくない”という感情が最大の問題児ですが、

ここに気付かないと完全に泥沼ですね。

 

やはりここでも、

『あれ、今自分がやっていること本当に合ってる??』

と自分を疑ってかかる懐疑心が大事なわけです。

 

では、ここでもう少し抽象度を上げましょう。

 

そこまで懐疑心を大事にするのなら、

『そもそもFXのスキルってそんな大事か??』

って考えることも大事です。

 

より上位の概念を思考する“そもそも論”です。

 

そう考え出した時に直面するのは、

これからの未来に大事なことって、

そもそもなんだったけ??

という壁にぶち当たります。

 

未来を決める”3つのベクトル”について

 

この未来を考えるという点において、

僕はすごくその通りだな〜と共感した、

1冊の本があるのですが、それが『お金2.0』です。

 

“タイムバンク”という時間を売買するサービスを手がける、

メタップスの社長の佐藤航陽さんの書籍で、

昨年めちゃくちゃ有名になった1冊です。

 

この『お金2.0』で語られている、

未来を決める3つのベクトルがすごくいい感じです。

 

『お金2.0』で語られる未来を決める3つのベクトルは、

 

①お金

②感情

③テクノロジー

 

この3つです。

 

 

要するに、この3つの要素が複雑に絡み合って、

未来というものは出来上がっていくイメージ。

図にするとこんな感じです。

 

 

ちょっと例をあげましょう。

例えばAI技術なんかはその典型です。

 

あれはまさに、

 

・できるだけ低コストで事業を回したい(お金)

・単純労働とかつまらないから嫌だ(感情)

・AI=技術(テクノロジー)

 

と、3つのベクトル通りですよね。

未来が導かれるイメージが湧いてきます。

 

ちなみにFX=相場って面白くって、

この3つの要素を内在的に含んでますよね。

 

相場って結局自然法則そのものなので、

やはり抽象度が最上位のプラットフォームです。

多分一生無くならないと思います。

 

 

FXなんかやらなくていい。(笑)

 

ちなみにですが、

この3つの要素を上手く満たしていて、

現在普及しているサービスの代表は“メルカリ”です。

 

メルカリって凄いですよね。

あれが出現することで、

僕らの生活コストはめちゃくちゃ下がった。

 

例えば1500円で本を買っても、

読み終わればメルカリに出品して、

1000円で売却すれば実質500円で本が読める。

 

今までだったら買ったモノって、

そのまま家に眠らせているか、

ゴミ箱行きだったじゃないですか。

 

そこから考えると凄いサービスですよね。

 

1500円の価値のあるモノが、

500円で消費できる世の中に移行してます。

 

だからぶっちゃけ今後の時代って、

年収なんか下がったっていいんですよ。

その分モノを消費するコストも下がるから。

 

だから、FXで月3万でいいから収入増やしたい!!

って言っている人がいたら教えてあげてください。

 

『使い終わったモノをメルカリに流せば、

3万円分ぐらいお金返ってくるから、

わざわざFXなんて意味のわからないものには、

絶対に手を出さないほうがいいよ。』って。笑

 

メルカリもまた、

『少しでも安くモノを使いたい(お金・感情)』

を理解したサービス(テクノロジー)ですよね。

 

仮想通貨を学ぶ=テクノロジーというベクトルを学ぶ

 

そうそう、僕はここ数年は、

仮想通貨のことを定期的に勉強してますが、

その理由は“テクノロジーを知れるから”です。

 

仮想通貨って知れば知るほど、

最新の技術との親和性が高いわけです。

“ブロックチェーン”なんかその典型ですよね。

 

“未来を読む”ためには、

テクノロジーを知ることは必須科目ですが、

仮想通貨はいい教材だと毎度思っています。

 

というのも、そもそも金融の世界って、

テクノロジーとの親和性が高いですよね。

“フィンテック”なんて言葉もあるぐらいなので。

 

結局『お金=数量データ』なので、

テクノロジーの得意分野ですから。

 

ちなみに今回冒頭に紹介した、

『マイクロファイナンスキャンペーン』ですが、

“取引所”という概念をわかっていない人にとっては、

そこから勉強になるし、同時にテクノロジーを学ぶきっかけにもなります。

 

『アービトラージって何??』

『ブロックチェーンって何??』

 

みたいなところに興味のある人なんかは、

『マイクロファイナンスキャンペーン』

をきっかけに、どんどん学んで欲しいと思います。

(そして、僕に教えてください。笑)

 

ではでは。



スポンサードリンク

ゆきまさFX無料メルマガ講座
"3つの豪華特典"プレゼント中

①プロが行う『環境認識』

②超シンプル!!『水平線分析』

③相場で『最もおいしいポイント!!』




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です