センター試験満点の猛者と最強FXトレーダーのマインドの差

どうも、お久しぶりです。

ゆきまさFXです。

 

ちょっと田舎の方にに遊びに来ていて、

心のリフレッシュしていたのですが、

ふとブログを書こうかな?

という気分になったので、1時間で書き上げます。

 




 

センター試験で史上初全教科満点の猛者が出現

 

もう今年も1月が終わり2月の中旬ですが、

1月と言えば毎年恒例のセンター試験ですね。

 

僕もセンター試験を受けてからもう結構経ちますが、

毎年試験が行われて、受験生が死に物狂いで戦う時期って、

すごく感慨深いものがあります。

 

今年はロンブーの敦さんも青学受験するとかで、

なんか受験業界が盛り上がっていますね!!

 

芸能界であれだけ売れていて、

地位もお金もあるのにも関わらず、

新しいことに挑戦し続けられる人って凄いですよね。

 

逆に言えば、そういうマインドがあるから売れたんでしょう。

 

セルフイメージを高く持ってさえいれば、

必ず後から結果は追いついてくるように出来てますからね。

 

最終的に合格出来るかは分かりませんが、

こういうチャレンジが出来るって事そのものが、

ズバリ成功者の脳みその正体なんだと思います。

 

そうそう、そんなセンター試験ですが、

今年はセンター試験始まって以来、

初の全教科満点の受験生が出現しましたね。

 

僕が知っている限りでは、

中学生の頃に読んだ漫画デスノートに出てくる、

“夜神月”“L”に継ぐ3人目の満点ですが。笑

(いや、あれは東大の二次試験が満点でしたっけ?)

 

いずれにせよ、天才ですね。

一切欠点のない人っているんですよ。

恐ろしい話です。

 

FXトレーダーは全教科満点を絶対に取りに行ってはダメ

 

それで、このニュースを見た時に僕が感じた事があって、

『あっ、やっぱり日常の世界と相場の世界は真逆だ!!』

ってことなんですよね。

 

日常の世界(俗に言う社会)では、

やっぱり網羅性のある人間って凄い!!

ってどうしても思われます。

 

センター試験で1教科満点取ったぐらいでは、

たいしてニュースにもならないですが、

全教科満点となるとマスコミも取り上げます。

 

勿論、歴代初であるという“希少性”にプレミアがついていますが、

それ以上に“全”教科満点と言う網羅性にスポットが当てられていて、

これは日本人の価値観との親和性が高いんですよね。

 

昔から学校教育というのは“平均点底上げ”をして、

『勉強も出来て、スポーツも出来て、歌も歌えて、、、、』

みたいな人を優秀だと教え込んできているので、

日本人のマインドは網羅性のある人間を拝めるよう出来ています。

 

もちろん全教科満点というのは凄いことですが、

それを凄いと思う大衆のマインドが根底にない限り、

ニュースにしても意味がないのでマスコミは取り上げません。

 

もし仮に日本人のマインドが、

『全部出来る人より、何か1個尖っている人が凄い!!』

って価値観であれば、

全教科満点という響きには反応しないですから。

 

“国語0点、数学0点、英語0点、世界史100点”

って人がいたとしたら、きっと学校の先生は、

『もっと世界史以外もちゃんとやりなさい!!』

って確実に指導してくるのが日本です。

 

投資家マインドは日常の感覚とは真逆

 

ただですよ、

“網羅性のある人間=優秀”

と捉えるこの大衆のマインドですが、

ぶっちゃけ相場の世界ではクソほどの役にも立ちません。

 

むしろ、役に立たないだけならまだしも、

成功の邪魔を積極的にしてくるからタチが悪い。

 

FXを含む投資ワールドにおいて網羅性を意識すれば、

 

・移動平均線も極めなきゃ!!

・一目均衡も極めなきゃ!!

・プライスアクションも極めなきゃ!!

・あっ、オシレーターも極めないと!!

 

って、必ずこういう思考パターンになります。

 

ただですね、ぶっちゃけこんなの無理だし、

そもそも必要性のないことなんですよね。

 

相場って時給の仕事ではないので、

lotさえ上げていけば、金額は叩き出せます。

 

つまり、手法が1個しかなくても構わない訳です。

複数の技を持つこと自体に、そこまで大きな優位性がない。

移動平均線だけでもノープロブレム。

 

だけど、日本人というのは教育によって、

網羅性を意識しちゃうので、

あれもこれも完璧にしたい!!!

って無意識に考えちゃうんですよ。

 

このマインドが相場では邪悪なモノとして、

自分の前に立ちはだかるので要注意です。

 

スティーブ・ジョブズの名言に学ぶ

 

そうそう、

今年に入ってから投資漫画インベスターZを読み直してますが、

その中で出てくるジョブズの名言が参考になるので、

ちょっと紹介しますね!!

 

何をしてきたのかと同じぐらい、何をしてこなかったかを誇りたい。

 

 

僕はこの言葉が結構好きなんですが、

結局成功者のマインドはここにあるんだよなーって思います。

 

簡単に言えば、

“やらないことを決める”

ここがすごく大事なんだなってこと。

 

よく“決断”って言葉が使われますが、

これは文字どおりの意味で、

“切って離す”ってことです。

 

やらないことを決めたら、

もうそれは自分から切り離す。

 

例えばFXのテクニカルで言えば、

一目均衡は見ない、オシレーターは使わない、、、

ってやらない事をまずは決めていく。

 

そしたら、

『あれ、移動平均線だけは残ったな??』

ってなればいい感じです。

 

肌感で自分との相性の悪いモノを除外していった結果、

最後まで残ったものというのは結構信じられますよね。

 

インベスターzを読んでて、

ふとそんなことを思ったり。

 

全部で21巻しかないので、

大人買いして読んでみてもいい漫画ですね。

このブログの読者さんならきっとはまります。

 

 

いよいよ、来春からレバレッジ規制(25倍→10倍)か!?

 

そうそう、そういえば今週のニュースで、

FXの取引の際のレバレッジ規制の議論が再度なされましたね。

 

確か去年の9月ぐらいにも報道され、

今回2回目?かなって感じですが、

現行のレバレッジ25倍から10倍に引き下げが有力!!

といった内容の報道です。

 

早ければ来春から??みたいな感じで、

多くのトレーダーは困惑してますね。

 

個人投資家保護の視点とのことですが、

結局金融庁は国民のことを愚民と思ってますから、

『バカが破産するといい迷惑だから取り締まろう!!』

とお偉いさんが集まった会議で議論されたんでしょうね。

 

レバレッジとリスクは関係ないんだけどね。。。

 

ただですね、基本的にレバレッジを規制することと、

リスク管理というのは本質的には別の議論です。

 

レバレッジというのは結局のところ、

“自己資金に対してどれだけの取引ができるのか”

という意味でしかないわけですから。

 

例えば10万通貨で取引する場合、

レバレッジが何倍であろうがリスクは一緒。

1pip動けば1000円の変動なのは誰でも一緒なので。

 

結局リスクというのはポジションのサイズで決まります。

そしてそれは各自の選択に委ねられるので、

どこまで行っても投資は自己責任でしかないです。

 

ただ、レバレッジ規制をかけることによって、

今までは証拠金40万ぐらい入れておけば10万通貨の売買が出来たところが、

その倍の80万ぐらい入金してないと10万通貨の取引が出来なくなるとか、

そういう調整をすることが可能にはなります。

 

貯金40万しかないけど、

“FXでフルレバで人生を変える勝負を一発!!”

みたいな人間を排除することはできるわけです。

 

普通にやっている人にはいい迷惑

 

ただですよ、これ普通にトレードしている人にはいい迷惑。

ちゃんとリスク管理してポジションサイズを決めている人は、

今まで通りの取引をするために、余分に証拠金を入金しないといけないので。

 

本来であればその資金を例えば積立投資しておくとか、

別のことに使えたのに、その機会を奪われますからね。

これ程無駄なことはないですよ。

 

日本国内の証券会社のオワコン化が進みそうです。。。

 

海外口座XMに資金を移す等の対策が必要に!!

 

こうなるとますますレバレッジ規制のない海外口座に注目が集まりますが、

もはやこれは攻めるというより守るために必要なことですよね。

 

海外証券はレバレッジ最大888倍とかいけるので、

少額の証拠金でもトレードは可能です。

 

何度も言いますがFXにおけるリスクはポジションサイズなので、

lotの調整を自分ですればハイレバそのものはリスクではないです。

 

1万通貨で勝負すれば、

1pip動いた時に100円の変動というのは、

レバレッジとは無関係です。

 

一番の問題点は少額でトレードする人でも、

多めに証拠金を入金しないとけないという状態なので、

レバレッジなんてリスク管理出来ている人にとっては、

高ければ高いほどありがたいです。

 

海外証券XMは初回から3000円分のボーナスポイントあり!!

 

ちなみに海外証券口座も色々ありますが、

一番オススメなのはXMという口座です。

 

XMのメリットについては、こちらでもまとめています。

 

知らなきゃ損!国内口座ではなく海外口座を利用する5つのメリット

2017.03.06

 

そして何よりもXMのいいところは、

口座を作ってから3000円分のボーナスがもらえる事。

『3000円かいっ!!』

って思われるかもですが、

海外口座はレバレッジが高いので、

取引出来るlotは決して低くないです。

 

例えばドル円で105円ぐらいのレートなら、

3000円の証拠金があれば2万通貨ぐらいはポジション取れます。

 

自分のお金を一切使わずに、

2万通貨の取引が可能なわけなので、

結構夢のある話ではありますね。

 

例えばドル円が105円になった時に買って、

110円になった時に売り抜けられれば、

500pips抜けるので、2万通貨なら利益は10万円です。

 

仮に強制ロスカットされようが、

3000円は自己資金ではないわけなので、

別にノーダメージです。

 

国内証券会社で貯金全額入れて、

一攫千金を狙うよりも遥かに健全です。

 

今後海外口座がメインになりそうなので、

今のうちにXMで慣れておくのもいいですし、

ボーナスポイントでノーリスクの取引をするのもオススメです。

 

という事で、今回は以上です。

ではでは。

 

ゆきまさFX無料メルマガ ⇨ 詳細を確認



スポンサードリンク

ゆきまさFX無料メルマガ講座
"3つの豪華特典"プレゼント中

①プロが行う『環境認識』

②超シンプル!!『水平線分析』

③相場で『最もおいしいポイント!!』




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です