チャートの左側が全くない時、どうしたらいいか教えます!!

どうも、ゆきまさFXです。

今回は、みなさんもふと疑問に思っていることについて。

 

『チャートの左側の情報がない時って、どうするのー??』

こんな疑問をお持ちの方、いらっしゃいませんか??

 

僕は結構思うんですよね〜

 

今回はその対処法や考え方、

それから仮想通貨、新興株などについても

突っ込んで考えてみようかな〜と。

 

結構ゆる〜い感じでやっていくので、

サクッと読んでみてください♪

 




 

話題のビットコインのチャートを見てみます!!

 

まず、こちらがビットコインの週足です。

 

 

ご覧の通りチャートの左が“スカスカ”です。

日足も見てみましょうか。

 

 

日足も左がスカスカなので、

ラインが全然引けない状況です。

 

ただ、直近の山と谷にラインを入れることは可能。

図のオレンジのラインみたいに。

 

戦略としては、とにかく上げの流れなので、

ラインまで押してレジサポ転換していくところで買い。

まあ、シンプルにそういうことです。

 

あとは短い足に落とし込んでエントリーポイント絞るか、

もう日足しか見ずにスイング気味でポジる。

基本戦略としてはそんな所です。

 

実際それでやっていたら、

ちゃんと取れてますね。

やはり水平線分析は大事です。

 

でも、こういう相場の難しい所は、

どこまで上がっていくのか読みづらいこと。

 

チャートの左側があれば予測できますが、

ビットコイン相場にはそれがない。

 

『もう上がりすぎていて、さすがに今からは怖い。。。』

って思っている人が多いです。

 

でもそう言うときに限ってしつこくトレンドは続きます。

 

いわゆる、

『もうはまだなり、まだはもうなり』

の相場格言がピッタリです。

 

そうなると、

仮想通貨市場の大衆心理は逆に読みやすい。

すごく勉強になる動きだと思います。

 

もう落ちるだろ….

と思おうが、トレンドが出ている限り順張りが原則。

つまり、完全なチキンレース状態です。

 

だからやることはシンプルだけど、

それができるかどうかは別なので、

相場というのは“メンタルビジネス”ですね。

 

“ファンダメンタルズ”が大事になるんです!!

 

そうそう、この間メルマガとブログで、

仮想通貨に関する無料講座があるよ!!

ってお話をしました。

 

僕も実際にチェックして、

メールを読んでいたんですが、

昨日のメールが結構参考になったんですよね。

 

今回の仮想通貨に関する無料講座ですが、

てっきりテクニカル系のロジックなのかな??

って思ってたんですが、実は違いました。

 

なんと“ファンダメンタルズ”だったんです。

 

この講座の中で強調されていたのは、

『仮想通貨はとにかく情報戦』

ということ。

 

正しい情報を素早く仕入れて、

実際にエントリートリガーを引いておく。

これが真髄ということです。

 

力のあるファンドがどうやって情報を入れて、

実際のトレードに活用するのかというのは、

僕自身すごく新しい発見がありそうな予感です。

 

というか、これって結構応用力あって、

新規上場の株なんかも全部そうじゃないですか。

 

今回のビットコインと同じく、

上場したばかりだとチャートの左がスカスカで、

正直テクニカルでやりにくい。

 

シンプルに『押したら買い』と割り切って、

トレンドフォローを徹底するってのが一番ですが、

やはりここでメンタルが邪魔をします。

 

『もうさすがに上はないんじゃ…』と。

 

ただ、そんな時にファンダ分析ができると、

結構エッジになるんだろうなーって結構思います。

エントリーするときの自信が変わります。

 

今回無料講座のメール配信を読んでいて、

すごくそこは意識させられました。

次は“ライブ配信”もするみたいで、

目が離せない感じでした。

 

チャートの左側が存在しない、

いわゆる出来立てホヤホヤのチャートへの対処、

これって結構大事なスキルなので、

今のうちに身につけておくとエッジになりそうです。

 

これからも色んな仮想通貨とか出てくるでしょうし、

その時に毎回起こりうるパターンみたいなのを、

なんとなくでもいいので感覚に落とし込みたいですね!!

 

“シグナル配信”はオワコンなのか??

 

そうそう、そう言えば今回の仮想通貨の講座について、

読者さんからこんな質問をいただきました。

 

『シグナル配信って、ぶっちゃけ微妙じゃないですか??』

 

今回の仮想通貨の講座ですが、

どうやらシグナル配信を行うみたいですね。

 

で、僕自身も正直言って、

シグナル配信とか、サインツールの類って、

昔から基本的に大嫌いです。

 

ロジックそのものは良くても、なんか微妙。

根拠はないけど、感覚的にそう感じます。

ぶっちゃけ、そう思いませんか??

 

僕はその感覚は、極めて正常だと思います。

 

オワコンなのはいつも”人間の思考”の方だと気がついてから…

 

今回仮想通貨の講座がありましたが、

ぶっちゃけ、これどうかな〜??

と内心僕も思っていました。

 

まあでも無料で見れるので、

チラッとのぞいてみよう!!

ぐらいの気持ちで読んで見ました。

 

そしたら、チャートの左側がスカスカの場合の思考や、

新規で出てくる銘柄等への対処についての考え方も知れて、

なんというか個人的には結構満足度が高い。笑

 

まさかファンダメンタルについて、

ここで考えることにると思ってなかったですし、

やはり新しい情報には定期的に触れておくと、

何かしらのメリットがあります。

 

まだシグナル配信はされていないので、

シグナル配信がどんな感じかは分からないので、

オワコンかどうかの判断はこれからって感じです。

 

ただ、個人的に思うのは、

オワコンなものってこの世には、

あんまりないんじゃないのかな?ってこと。

 

例えば、散々オワコンと言われている“CD”

 

確かに昔と比べて圧倒的に売れてませんが、

秋元康さんはそこに握手券をつけるという発想で、

CDマーケットで圧倒的に大金を稼いでます。

 

要するに大事なのは“付加価値”をつけること。

たったそれだけのこと。

 

例えばシグナル配信にしても、

自分なりにポイントを予測しておいて、

その“答え合わせ”に活用することもできます。

 

『シグナル配信→はい、買います!!』

みたいな人はオワコンだけど、

使い方次第でどうとでもなります。

 

同じ参考書使っていても、

絶対に学生同士の差が出ますが、

それは付加価値の付け方が違うから当たり前。

 

点数が低い人ほど、

『あの参考書はだめ、終わってる。こっちの方がいい。』

と受験時代に聞いたのを思い出します。

 

結局、

『〇〇はオワコンだ!!』

と言っている人が一番オワコン。

 

それ以上伸び代がないし、

何より責任転嫁のマインドがひどい。

 

『どうすればそこに価値を見いだせるだろ??』

とポジティブに思考をしている人には、

絶対に勝てません。

 

と、いい感じのこと言ってますが、

昔の僕は結構オワコンでした。

アホ程ネガティブで、他人のあら探しの方が得意分野でしたし。笑

 

だけど、考え方を結構変えたんですよね。

 

よく、

『どうしてそんな視点で学べるんですか??』

と質問されるんですが、答えはシンプル。

 

“常に物事に付加価値をつけようとしているから。”

それだけのこと。

結果、いい面を見るようにしてます。

 

それが出来ると、表面理解から本質理解に変わるもの。

一段抽象度を上げて捉え、法則化される感じ。

何事も学ぶ側のマインドで決まりますね!!

 

そう言えば仮想通貨のメール配信ですが、

今からでも今回僕が触れたファンダメンタルの話が読めますので、

一度読んで見るといいと思いますよ♪

(12月18日までの期間限定らしいです。)

 

ではでは。

 

ゆきまさFX無料メルマガ ⇨ 詳細を確認



スポンサードリンク



ゆきまさFX無料メルマガ講座
"3つの豪華特典"プレゼント中

①プロが行う『環境認識』

②超シンプル!!『水平線分析』

③相場で『最もおいしいポイント!!』




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です