【仮想通貨】イマドキ現金使っている人って、頭悪いじゃないですか??

どうも、ゆきまさFXです。

 

今回は、以前ブログやメルマガでも予告した通り、

『仮想通貨』をテーマにお伝えしていきますね♪

 

と、その前にですが、

12月4日から1週間の期間限定で、

仮想通貨にまつわる面白い話が、

無料で公開されるみたいなので共有しておきます。

 

>>天才仮想通貨トレーダー集団が明かす、資産10億円の秘密

 

今回、この記事の中で考えるテーマについて、

より仮想通貨に関する理解が深まると思いますので、

今年最後の学習として目を通しておいてください。




『コンビニで今どき現金使うのって、頭悪い人達じゃないですか??』

 

仮想通貨というと“ビットコイン”が、

最近では最も有名ですが、

仮想通貨とよく似たのが『電子マネー』

 

まあ厳密に言えば両者は違う概念なので、

ビットコイン≠電子マネーではありますが、

似た概念ではありますね。

 

その電子マネーについて、

社会学者の古市憲寿さんがTV番組ワイドナショーで、

 

『コンビニで今どき現金使うのって、頭悪い人達じゃないですか??』

 

と発言して、また炎上してましたね。笑

 

事の発端は、コンビニでの支払いの際に、

「お会計が680円の時に1,180円を出したら、連れの女性に『そういう出し方する男気持ち悪い』と言われた」

というエピソードについて議論がされていた時のこと。

 

結構このエピソードには共感の声もあったのですが、

全く違う角度から切り込んでいったのが古市さん。

 

「電子マネーで払えばいいじゃないですか」

 

古市さんが言うには、

「(そんなの)電子マネーで払えばいいじゃないですか」

との事です。

 

話は脱線していますが、

中々面白い切り込みですね。笑

 

確かに電子マネーで支払えば、

“お釣り”と言う概念がありませんから、

そもそもこんな議論しなくて済みます。

 

これに対してダウンタウン松本さんは、

「また意味が変わってくる」

とツッコミを入れていましたが、古市さんは引かない。

 

「現金って気持ち悪い。」

「コンビニで今どき現金使うのって、頭悪い人達じゃないですか??」

 

と、現金派をバッサリと切り捨てたので、

これに対して現金派からネット上でボロクソに反論にあい、

無事炎上してました。

 

「個人の自由だろ」

「なんで現金使ってるだけで頭悪いって言われなきゃいけないわけ」

 

などなど、色んな批判があったみたいです。笑

 

コンビニの支払い、4割が現金派という調査

 

そう言えば、少し前になるんですが、

Newspicksでニュースをチェックしていたら、

こんな記事が出てましたね。

 

コンビニの支払い、4割が現金派

電子マネーやクレカを使わない理由は??

 

これは、コンビニでの支払いに限定してますが、

日本人がどうやって決済するのかと言う調査。

 

現金が約4割で、残り6割は電子マネーかクレカ等です。

つまり半数以上が現金以外って事です。

 

これに対して現金を使う人の理由が、

 

・利用金額が把握しづらい

・無駄遣いを防ぐため

・少額なので気が引ける

・小銭を減らしたい

・現金の方が早い

 

との理由でした。

 

総じて現金派は頭が悪いという結論でしかない

 

このアンケートの結果を見て、

またしても物議を醸す表現をしていたのが、

ミスター炎上こと“ホリエモン”です。

 

「総じて現金派は頭が悪いという結論でしかない。」

と、これまた現金派をバッサリ。

 

いや、言いたいことは凄く分かります。

言い方が人をイラつかせますが。笑

 

・利用金額が把握しづらい
→アプリでいつでも把握できる

・無駄遣いを防ぐため
→無駄遣いをクレカや電子マネーのせいにするな

・少額なので気が引ける
→別に引けないし、少額で電子マネーは使うもの

・小銭を減らしたい
→電子マネー使ってればそもそも小銭は出ない

・現金の方が早い
→明らかに電子マネーの方が早い

 

まあ言い分こんなところでしょうね。

 

現金派の言い分には、

納得できるところがないから、

ホリエモンはそれを一言で切り捨てました。

 

大事なのは、相手を思いやる気持ちだと思うんだ。。

 

と、ここまで書いている感じだと、

明らかに古市さんやホリエモンの肩を持っているみたいですが、

今回お伝えしたいのはそういうことじゃない。

 

確かに、僕も完全に非現金派です。

ほとんどの決済は電子マネーかカードです。

最後に現金触ったのいつだろ?って感じです。

 

今後支払い機能として、

Bitcoinがもっと普及するので、

今後は仮想通貨支払いも増えてくると思います。

 

正直、現金使うメリットは一切ない。

 

電子マネーやカードならポイント溜まるし、

支払いにかかる時間もかなり短縮できるし、

無駄にATMに行かなくてもよくなるので。

 

結局、支払いという“目的”を果たせればいいので、

別に現金と言う現物がなくてもいいですからね。

 

利便性や合理性がある人なら、

まず間違えなく現金からは離れます。

 

頭のいい人たちはそれを知ってるから、

仮想通貨が上がっていくことを察知して、

事前にポジションを仕込んできます。

 

需要が上がればプライスは上がる。

経済学の常識ですね。

(投機的な目的もあっての上昇ですが。)

 

ただね、1つ言いたいことは、

仮想通貨や電子マネーって、

個人的なメリットだけじゃないです。

 

古市さんの「現金って気持ち悪い」はド正論

 

電子マネーや仮想通貨が普及してるのって、

当然それはベネフィットが大きいから。

 

ポイント付くってのは“実質値引き”ですし、

支払い時間の短縮ってのは“時の創出”です。

 

でも、個人的に思うことは、

“衛生面”の改善がデカイって思います。

 

この間コンビニで缶ビールを買ったんですが、

僕の前に支払いをした人が現金払いでした。

 

で、店員さんが現金を触った手で、

僕がこれから飲む缶ビールの口の部分を

普通に触ってレジ袋に入れました。

 

これを見たときに、

シンプルに気持ち悪いと思いましたね。

 

古市さんが「現金って気持ち悪い」って言ってたのを、

リアリティを持って感じた瞬間です。

 

もちろん、僕の前に現金で支払った人が、

僕を不快な気持ちにさせよう!!

なんて思っていないことは分かってます。

 

ただ、現金ではなく、

電子マネー使って入れば、

こういうことは絶対に起こりません。

 

要するに、無意識でも人を不快にさせることはあるってこと。

昔は現金しかなかったからそうは思わなかったけど、

時代が変化すると、新たな感情が生まれますからね。

 

他にもまだエピソードはあります。

 

僕は新幹線に始発で乗る時があったんですが、

始発なのでさすがにギリギリでしか駅につかず、

そこで朝ごはんを買って、すぐ新幹線に駆け込む予定でした。

 

ただ、予想以上に売店が並んでいて、

乗車まで数秒を争うみたいな感じでした。

 

そんな時に現金派の人が、

お釣りとかを計算して支払うので、

まあ支払いにかかる時間が長い。

 

「Suicaで払えば一瞬だろ〜、早くしろ〜」

って心の中で叫んでましたからね。笑

 

もちろん、支払い方法なんて個人の自由です。

だから、別に現金派の人が悪いわけじゃない。

 

シンプルに僕がもっと早起きして、

朝ごはん食べてからこればよかっただけです。

それはその通りです。

 

缶ビールの口だって、

おしぼりで拭けばいいです。

 

ただ、それでも思うのは、

現金派の人が電子マネー使えば、

世の中の多くの人は早起きしなくてもいし、

おしぼりで拭かなくても済みます。

 

結局、僕が思うのは、

“思いやり”が大事なんじゃない??ってこと。

 

現金派の人のマインドが少し変われば、

もっと便利で温かいな世の中になります。

 

別に現金を使い続けて、

ポイントも貯まらず損をし続け、

無駄に時間を使うのは個人の自由だけど、

“思いやり”を大事にするのは人として重要です。

 

古市さんとか、ホリエモンは影響力があるから、

「現金派はバカ」と投げ捨てるのではなく、

違う観点から発信して欲しかったと思うばかりです。

 

僕はその視点から仮想通貨を発信したいし、

読者さんにもその視点で仮想通貨を学んで欲しい。

 

>>期間限定で仮想通貨の事を無料で勉強することができます。

 

と、ここまで仮想通貨や電子マネーのステマです。笑

 

いずれ日本仮想通貨協会の会長を狙ってますからね、

問い合わせはゆきまさFXまでお願いします。

(そんな協会あるのかすら知らない。笑)

 

軽量化していく流れは、歴史から考えても必然

 

そうそう、これからの発信について、

色々考えていたのですが、

仮想通貨関係の発信も増やしていこうと思います。

 

理由は、技術の進歩を肌で感じられる人は、

確実に投資家として優秀だからです。

 

今って仮想通貨マーケットに莫大な資金が流れてますが、

これって少し前の中国の不動産バブルによく似てます。

 

行き場のなくなった資金って、

どこか行く場所を探しているから、

必ず資金が流れてくる場所がどの時代にもある。

 

今はそれが仮想通貨市場です。

 

つまり、そう言う視点で物事を見れて入れば、

仮想通貨市場にもっと前もってお金を仕込めましたね。

 

きっと今年は、

もっと早く仮想通貨をやっていれば…

と思っている人も多いでしょう。

 

だけど、それは誰でも思うこと。

 

ライバルに一歩差をつけるなら、

「どうすればそう思えたんだろう??」

と建設的な思考をしていくことです。

 

そう言う目線から仮想通貨を学んで欲しいと思います。

 

そもそも、仮想通貨ってよく考えれば、

絶対にこれから普及していきます。

それは歴史から考えても必然。

 

支払いの歴史って、

物々交換→硬貨→紙幣→信用

って移行してきてますよね。

 

つまりどんどん軽量化している。

軽量化の究極はモノがなくなることなので、

最終的には仮想通貨ってことになります。

 

あとは単純に時間の問題。

まだ現金派の人もいますが、時流にはのまれます。

便利なものには絶対に人は逆らえないという法則です。

 

昔ガラケー派の人も、もうスマホになってますし。

当時は「スマホなんて..」と言ってた人もです。

 

通貨という市場も同じことです。

時間が経てば、さすがに人は利便性に気付くもの。

時の試練には絶対に勝てない。

 

というか、市場経済が発展した時から、

昔の人の頭の中では仮想通貨って考案されてましたからね。

 

いちいち紙幣や硬貨なんか使わなくても、

モノが手に入ることさえできればいいから、

本当は仮想通貨にしたかった。

 

お金をわざわざ持つのはコストだから。

 

だけど当時はネットもないし、

そんな技術がなかったから断念して、

消極的に紙幣や硬貨を使っただけのことです。

 

でも今ってその技術がある。

それがブロックチェーン”です。

 

全ての決済を電子記録していく技術です。

 

これが実現すると世の中からは、

現物のお金は消えてしまうから、

フィンテック革命なんて言われてますね。

 

今後仮想通貨は、まだまだ熱いマーケットです。

だから、もうこの市場の勉強はマストです。

少なくとも投資家なら当たり前です。

 

仮想通貨をというマーケットに触れ、

自分の肌で変わりゆく時代を感じること、

これが今求められてますね。

 

その感覚が養われれば、

株取引する時でも、

銘柄選びのエッジになります。

 

時代の流れが追えるようになれば、

世界がすごくクリアに見えるようになるので、

自身の世界観も変わってきます。

 

とりあえずは期間限定で無料で仮想通貨のことを学べる講座もあるので、

手始めに仮想通貨について知ってみてくださいね♪

 

>>天才仮想通貨トレーダー集団が明かす、資産10億円の秘密

 

ではでは。

 

ゆきまさFX無料メルマガ ⇨ 詳細を確認



スポンサードリンク

ゆきまさFX無料メルマガ講座
"3つの豪華特典"プレゼント中

①プロが行う『環境認識』

②超シンプル!!『水平線分析』

③相場で『最もおいしいポイント!!』




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です