FXに限らず、答えのない問題に取り組む時のマインドセットの考え方。

どうも、ゆきまさFXです。

今回は、目標達成術に関して書いていきます。




今回の記事は、

別にFXに限らず、世の中に存在するあらゆる答えのない問題に、

少し抽象度をあげて、広い視野で読んでもらえたらと思います。

 

目標達成が中々できない人に決まって共通しているのは”これ”です。

 

まず、FXを含めて、ビジネス全般に言えることですが、

お金を稼ぐ系のジャンルというものには、

いわゆる“正攻法”と呼ばれるモノは実際の所存在しません。

 

FXの場合は『聖杯』なんて言葉を聞いたことありませんか?

 

要するに、この技を知っておけばまあFXはできるよねっていう技です。

いわゆる、勝てる手法的なやつです。

 

ただ、もう皆さんも気付いていると思いますが、

そんな物は、どこを探しても存在しないです。

 

出来ない人は、決まって完璧な答えが存在していると思っている

 

でも、これをやれば上手くいく!!

っていう聖杯が存在しないのに、

勝ち組が存在しているのって、なんか不思議じゃないですか??

 

だけど、これは紛れもない事実で、

FXの世界に限らず、どの分野にも絶対に勝ち組と負け組は存在してます。

 

じゃあ、その差は一体何なんだろう??

って思うかもしれないですが、

ズバリ答えはマインド面の問題、要するに考え方の差でしかないです。

 

基本的に、どの分野でも負けていく人間に共通して言えることは、

『どこかに、完璧な答えが存在している。』

って思っているということです。

 

逆に言えば、成功者はその思考がない。

 

ちょっと、具体的な話でイメージしてもらいます。

 

例えばFXの勉強していて、

色んな本読んだり、動画見たり、教材買ったりするじゃないですか?

 

そして、

『あっ、なんかこれしっくりくる!!』

ってのが誰にでも、何かしらあると思うんですよね。

 

単純にライントレードって人もいれば、

ボリバンとRSIを組み合わせたスキャル系ロジックとか、

日足のインサイドバーにだけ注目した転換狙いのロジックとか。

 

とにかく、人によって何がしっくりくるのかは感覚や相性なので、

それは別になんでもいいとして、何かしらはあるってのがポイントです。

 

ただ、ここから基本的に別れていくんです。

上手く行きやすい人と、泥沼にはまっていく人とが。

 

先に、泥沼にはまりやすいタイプのパターンを紹介します。

 

例えばさっきの例で、

自分はボリバンとRSIを使ったロジックなら使えそう!!

ってまず、心の中で思うじゃないですか?

 

で、しばらくはそのロジックを実践するんですけど、

その間に、また別の情報を何か仕入れて、

段々と気移りしていく人が必ず出現します。

 

特に今はネット社会で、無料でどんだけでも検索できますからね。

 

でもそうすると、

『あれ、もしかしてこっちの方が上手くいくんじゃないのかな?』

とかって、絶対思い始めるんですよね。

 

そして、迷いの森の中を彷徨い始めていくという鉄板のパターンに突入します。

 

基本的にこれが負け組思考なんですが、

ここに存在する根本思想って何なのかと言えば、

何か完璧で、より効率のいいものが存在しているって“思っている”事です。

 

とにかく効率を求め出しているってのは、

間違えなく言えると思います。

 

だけど、そもそも無いんですよ、答えなんか。

そんなものがあれば、きっとあなたよりもっと賢い人達は早々に答えを見つけ、

みんな専業トレーダーになって、人生セミリタイアしちゃいます。

 

東大生なんか、全員トレーダーしたらいいです。

別に、組織に属して、不自由な人生を送る必要もないです。

 

だけど、現実はそうじゃないって事から逆に考えれば、

やっぱり答えなんかないんだって事です。

 

とりあえず、仮決定でいいからまずはやってみること。

 

ここからは、FXに限らず、

いわゆる答えのない問題に対して、僕がどう取り組むのか、

その視点を情報共有していきたいと思います。

 

僕が、最近特に思っている事なんですが、

とにかく、馬鹿になろう!!ってことです。

 

結局、答えのない問題なのに、

答えを見つけようと、頭を変に使っちゃうからダメなんですよね。

だから、いっそのこと馬鹿になる。

 

そうすると、まずはとにかく『一点集中』できるんですよね。

 

そして、この段階は別に“仮決定”で全然大丈夫だと思ってます。

もしかしたら、やっていく中でもっと自分に合うものが出てくるかもしれない

とは内心思いながらも、一旦は自分で決めたことを信じるって感じですね。

 

というのも、一旦は自分でこれがしっくりくる!!

って思った時点では、何かしらそれをいいと思う根拠はあったはずです。

 

だったら、ひとまずいいか悪いかは分からないけど、

どっちかの結果が出るまでは、馬鹿になってやってみようということです。

 

あとは、結果が出てから継続するのか方向転換するのかを再決定する。

そして、それも結局仮決定にすぎないって事です。

 

答えがないんだから、これ以上やりようがないです。

 

少なくともこうすることで、

小利口な人がはまっていく、

迷いの森に入ることは回避できるのが最大のメリットです。

 

頭いい人ほど、無意識に効率を探し始めて、

浮気しまくって、もう何がなんだか分からなくなるので本当に要注意です。

 

最優先に身につけておくべきは、実は目標達成術なのかも。

 

そうそう、こんな話をしていると、

やっぱり思うのは、結局目標達成術の習得はマストなのかなってことです。

 

FXの場合であれば、

細かいテクニカルとか、手法とか覚える前に、

まずは目標達成に対するマインドセットを身につけるということです。

 

結局、答えのない問題に取り組む時に試されるのは、

やっぱりその人のマインド面、つまり考え方なのかなと思うわけです。

 

僕も、今でも相当いろんな本を読んでいるんですけど、

この目標達成系については、特に大事にしていますね。

 

その中で、2つ思う事があるので共有します。

 

1.絶対に答えなんか落ちていないと1000%心に落とし込む。

2.馬鹿になって『一点集中』しとけば、何かが見え始める。

 

もちろん、この2つだけではないことは十分に分かっていますが、

特に僕が最近意識しているのはこの2つなんですよね。

 

マインドセットとか、コーチングとか、

いわゆるスピリチャル系の本も山ほど読んできて、

結局どの本でもこれは共通しているよな!!

って思った事なのでここに書いてみました。

 

ただ、この手の分野の難しいところ言うのは、

こうやってたまに人のブログ記事読むぐらいじゃ、

中々成長していかないって事なんですよね〜笑

 

やっぱり、僕のまとめの意見だけじゃなくて、

自分自身で何冊か本読んだりして考えていかないと、

結局、しっくりこないんですよね。

 

人間って、基本的に自分で経験して思ったことじゃないと、

最終的には信じられないって法則がありますからね。

 

ただ、これから僕みたいに本を100冊以上読みましょうってのも、

かなり気が遠くなってしまうと思うので、何か数冊読んでみて、

今回の僕のブログ記事と照らし合わせてもらえればと思います。

 

最近読んだ本の中では、

『達成する人の法則』(原田隆史)ってのは具体例も豊富でよかったです。

 

僕が購入した時は3000円ぐらいしたんですけど、

10月8日までの期間限定で”無料”でもらえるみたいなので、

手始めに読み始めるにはいいと思います。

 

本を読むときは、著者のバックボーンを意識する!!

 

そうそう、最後に本を読むときのちょっとしたコツなんですけど、

やっぱり思うのは、読書がうまい人は、本の内容よりも、

実はその著者の生い立ちとか、思考法を意識していいるって事です。

 

実はここでも、やはり成功者のマインド論があるんですけど、

できる人って、そもそも本を選ぶときの基準が実は“人”です。

 

要するに、どんなタイトルなのかとかじゃなくて、

著者を見て、つまり人を見て本選びをしてるんですよね。

この時点で、凡人との差がある。

 

例えば、ダイエット本なんかでも、

『一ヶ月で、激変!!楽して痩せれる驚きの◯◯!!』

みたいなタイトルを見て購入するのが凡人です。

 

だけど、玄人になればなるほど、

 

元々著者は何がきっかけで太り始めて、どこで痩せようと思ったんだろう??

何がその人の心を揺さぶって、ダイエットに火を付けたんだろう??

 

なーんて考えるんですよね。

 

それで、そのバックボーンが自分と近ければ近いほど、

そこから学べることもあるだろうと思って、本を手に取る。

 

基本的に、うまくいく人というのは、

何かしら、頭を使っているよねって事です。

 

実は、さっきチラッと紹介した、

『達成する人の法則』ですが、

これもタイトルではなく、著者を見て僕は買いました。

 

著者の原田さんって、元々は大阪公立高校の教師を20年やっていたサラリーマン。

でも、そのサラリーマンが本を出版したり、目標達成のアドバイザーとして活躍、

企業の人材育成にも尽力されている方です。

 

僕がこの人を見て思ったのは、

決して過去の延長線上にこの人の未来は成り立っていないって事。

 

だって、公立高校の教師が、

本を出版したり、企業の人材育成に携わるって、

どう考えても過去の延長線上に未来がない証拠。

 

きっとどこかで、自分の考え方を変えたり、

新しい分野にチャレンジする決断をしたりして、

その中で目標達成を構築されたんだなーってのは読む前から想像できました。

 

一見FXとは関係ないように見えても、

明らかに答えのない問題に人生レベルで取り組み、

目標達成をしていく背景って、抽象度が高い次元では関係しています。

 

僕が最近気をつけていると言った、

答えのない問題への取り組み方とも共通しているので、

参考にしてみてください。

 

ではでは。

 

公式メルマガではブログ未公開情報をバンバン配信していますので、
もっと勉強したいという方は、無料メルマガに遊びに来てくだいね!!

 

ゆきまさFX無料メルマガ ⇨ 詳細を確認



スポンサードリンク



ゆきまさFX無料メルマガ講座
"3つの豪華特典"プレゼント中

①プロが行う『環境認識』

②超シンプル!!『水平線分析』

③相場で『最もおいしいポイント!!』




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です