ワークライフバランス、本気でいらない。

どうも、ゆきまさFXです。
ご無沙汰しております。




今回の記事ですが、タイトルがいきなり、

 

“ワークライフバランス、本気でいらない。”

 

なので、ちょっとビックリして開封しちゃった!!

なーんて人も多いんじゃないかと、メルマガ書きながら思ってみたり。笑

 

さて、ふとメルマガを書こうと思ったわけですが、

実はちょっとしたきっかけがあって、それは友達と、

飲み屋に行っていた時に、友達が言っていた事です。

 

彼が言っていたのは、

『本気で時間がない。仕事に追われている。。。』

という一言。

 

YOTAKAPAKU6714_TP_V

 

彼は、締め切り日までにいくつもの決裁を回す必要があり、

そして飲み会の幹事を任せられ、そして土日はイベントに駆り出されるそう。笑

 

聞いていたら、これは本当に時間がないんだろ〜なって思うわけです。

 

ただね、同時にこの瞬間、

つい最近読んだ一冊の本を思い出すんですが、

 

それは『時間投資思考』

という普通の本屋で販売されない限定書籍。

 

簡単に話をまとめるなら、

 

1.タイムマネジメント(時間管理)じゃなくてセルフマネジメント(自己管理)が全て。

2.バランスはいらない。

 

というのが本の趣旨。

 

まず、1つ目ですが、

彼のように仕事に追われるって人は結構多くて、

そうなると決まって考えるのがタイムマネジメント(時間管理)の事。

 

限られた時間の中で、最も効率よく全ての仕事をこなす時間管理術。

 

で、これなんか一見すごく大事に思えるんですけど、

実際の所、これは非常に危険な思考。

 

というのも、本質的に“生きていく上で”という高次元の思考レベルなら、

まず考慮しないといけないのは”最大の結果”を出すという事。

 

今与えられている事をいかに上手くこなすかじゃなくて、

最大の結果を出すために今必要な事は何かを見極めて、

必要な事だけを抽出してやる能力が実はかなり大事。

 

つまり、本質は必要な事と不必要な事を見極める能力。

 

違う言い方をするなら、

“やる必要のない事は思い切って捨てる”

という能力って事ですね。

 

つまり、そういう意味では大事な事は、

セルフマネジメント(自己管理)です。

 

やる事とやらない事を判断するのは、

時間管理ではなく、自己管理の領域。

 

実はこれ、FXとかビジネスをするって人にとっては、

極めて重要な考え方なんですよね。

 

というのも、投資やビジネスって宇宙。

 

なんていうか、無限に広がり続ける空間みたいなもので、

投資やビジネスって、こうしたらいいって絶対的なやり方がないから、

取り組む人間の自由な意思で、どんなやり方でもできちゃうでしょ。

 

やり方は無限にあるし、正解という概念もないから、

多くの人はあれもこれもって手を出しまくって、

結局消化不良になって、今の自分の立ち位置を見失う。みたいな。

 

この時に、変にタイムマネジメントとか言い出して、

やらなきゃいけない事を、時間内にやろう!!とか考えると最悪。

確実にどこかでパンクしちゃうんですよね。

 

00_PP24_PP_TP_V

 

じゃあ、何が大事なのかって言えば、

むしろ逆に、やらない事を徹底的に捨てる技術。

 

あれも、これもって事じゃなくて、

まずはこれをとことんやる!!ってマインドを持つ。

 

そういうセルフマネジメントが大事。

 

だから、そう考えると、

実は“バランス”って言葉は実は有害。

 

そもそも、何か結果を出そうってする時って、

基本的にバランスは絶対に崩れるモノ。

一点集中するからです。

 

よく、夏ってワークライフバランスが推奨されてるので、

ワークライフバランスって言葉をポジティブに捉えちゃうけど、

何か結果を残したいと考え、挑戦しようとする人には最悪。

 

無意識に脳が『バランス=いい事』って判断して、

タイムマネジメントの方向に自分の行動を仕向けるように、

ちゃっかり洗脳されちゃうから、これは本当に注意です。

 

バランスは意図的に崩しに行くのがむしろ正解。

 

で、最初の彼の話に戻るんですけど、

ここで思うのは、サラリーマンにこの手のアドバイスは通じないって事。

 

というのも、

“捨てる”とか基本的にできないからですね。

あくまで、仕事ですから。

 

結局この手のマインドセットって、基本的に経営者向けのモノで、

経営者って自分の時間や行動を自由に選択できる属性なので、

そういう人にとっては、かなり有効。

 

だから、これは確実に経営者マインドの思考。

タイムマネジメントはサラリーマンマインドです。

 

ただ、会社員やっている場合でも、

これはとても大事なマインドセット。

 

仕事は仕事なのでちゃんとやるべきなんですけど、

仕事を通して、サラリーマンマインドみたいなモノだけは、

決して体内に染み込ませない方がいいよ!!ってのは凄く思う。

 

よく、サラリーマンマインドではなく、経営者マインドを持て!!

なーんて、社畜洗脳のワンフレーズがありますけど(笑)、

この言葉は、投資をする時には凄く大事ですね。

 

そうそう、実は最近スイングトレードの検証をしているんですけど、

ここでも僕は経営者マインドを大事にしています。

 

つまり、やらない事を捨てて、

ちゃんと一点集中するってマインドです。

これはノウハウとかじゃなくて、自分を支える土台みたいなモノ。

 

今は、週足のダブルボトム(トップ)”のみ”を検証していて、

要するにボトムの右底で仕掛けるってシンプルな手法。

 

その時の下位足(ここでは日足と4時間足)を細かく見ますが、

そのデータをMT4の過去チャートで過去3年分、7通過ペアで調べてます。

 

週足レベルの検証なので、

意外と検証する個数も少なくて、

割とサクサク検証できます。

 

ここで、あれもこれも検証しようとかやると、

大体はタイムマネジメントに追われて、爆死します。笑

 

普段から会社とかで仕事に追われる事に慣れきっていると、

大体その状態が正常になってしまうので、検証でも同じ状態を作ります。

 

そして、投資は簡単じゃないから、結局行き詰まる。

全ては捨てる事に慣れていないマインドが最大の問題。

 

そこは、絶対にサラリーマンマインドはいらない。

 

仕事は捨てれないかもしれないけど、

投資の検証なんて捨てまくっていいんです。

というか捨てなきゃダメ。

 

そこだけは経営者マインドを働かせる工夫は絶対に必要。

 

で、一点集中していると、

結構アハ体験も早いもので、

実は早速今美味しいとこがドル円相場ですね。

 

ドル円週足

 

s

 

ここでダブル(トリプル)ボトム出来かけで、

 

ドル円日足

 

d

 

日足安値揃いで、

4時間足で陽線ヒゲつけた後から買いしてます。

 

ドル円4時間足

 

4h

 

目標ごとに分割決済がトレードのシナリオ。

今第一目標達成で3分の2決済してます。

残りの3分の1を伸ばす方向に賭けてます。

(ただ、高値切り下げになれば逃げるシナリオですね。)

 

これ、検証している事なので、

比較的早く実際の相場でこういう所発見できてて、

仕掛けも結構うまく行っている事例です。

 

で、こういう事を書くと、

よし!!俺もダブルボトム検証しよう!!!

 

というマインドになる人が必ず出るので、

先に警告をしておきたいんですが、

そうじゃなくって、大事なのは手法じゃなくて、考え方

 

って事。

 

ここで伝えたいのは、ダブルボトム手法じゃなくて、

1個をひたすら検証して、他を捨てるという考え方。

 

要するにセルフマネジメントであり、

経営者マインドって事になるわけです。

 

具体例から、自分の頭で抽象法則につなげて、

自分の中で再現性を見出すって事をしてください。

 

そうそう、よく聞かれるんですけど、

どうやってそういうマインドって身につけるんですか??

っていう質問ですが、これは1個しかない。

 

結局、経営者マインドという投資家必須マインドは、

これはビジネス書籍から学ぶしかないって事です。

(あとは実際に社長さんとかの話を聞くとか。)

 

今回の記事の大きなテーマである、

タイムマネジメントとセルフマネジメントですが、

これだって最初に紹介した『時間投資思考』って言う、

ビジネス書で学んでいるマインド。

 

ただ、そこで得た知識を投資という分野に活用しているから、

結果的に僕にとっては、ビジネス書を読む意味って言うのは、

実はトレードスキル向上にも繋がっているんですね。

 

だから、この記事を読んでいるあなたも、

是非ともビジネス系のジャンルの本を積極的に読んで、

マインドを鍛える事をして見てください。

 

物事に取り組む姿勢そのものを考え直す事って、

実はどんなスキルの習得よりも先にやっておく事で、

全てを支える土台なので、大事すぎますね。

 

そうそう、そういえば、

僕も凄く気に入っているビジネス書を数多く出版している会社が、

期間限定で、特別なキャンペーンをするみたい。

 

『月刊ビジネス選書』というサービスなんですが、

これは、毎月ビジネス書が1〜2冊郵送してもらえるサービス。

毎月、何かしらのジャンルに関する本が届きます。

 

スクリーンショット 2017-08-27 12.41.18

 

僕もこのサービスは昔から使っていますが、

今回紹介した『時間投資思考』という本も、

実はこの月刊ビジネス選書で送られてきた書籍。

 

この月刊ビジネス選書ですが、

本来なら年間35.760円するんですけど、

今回は期間限定で29.800円で割引されています。

 

しかも初回限定で、まず本が5冊無料でプレゼントされるみたい。

(自宅に、ダンボール詰めされて配送されます。)

 

スクリーンショット 2017-08-27 12.41.37

 

さらにいいのは、電子書籍については、

今まで発行されている36冊以上が読み放題

普通にスマホのアプリから読めるので、電車の移動時間を凄く有効に活用できます。

 

スクリーンショット 2017-08-27 12.41.47

 

だから、5冊のプレゼント本と、1年間毎月送られる12冊、

そして電子書籍36冊以上と、合計50冊以上の書籍が、

29.800円なので、これは一冊当たり600円程度と破格

 

しかも、この会社が凄くいいと思うのは、

気に入らなかったら“返金”という制度がある点。

月刊ビジネス選書は毎月送られてくるんですけど、

 

読んでみてその内容が、気に入らない!!って思ったら、

メール1通送れば、指定の口座にその書籍分の代金が返金されます。

 

スクリーンショット 2017-08-27 12.42.00

 

実際の所、僕の場合1年間の中で、

6冊分は返金してもらっています。

 

まあ、内容は別に悪くないって思うんですけど、

今の自分にとって関係ないものや、関係が薄いものって、

はっきり言って読んでも意味ないので、返金依頼をかけてます。

 

面白いのは、特に返金希望の理由が聞かれないので、

こういう理由でも、ちゃんと返金に応じてくれるってことです。

 

しかも、今のところ、本の返品を依頼されたことはないです。

だから、現物は残したままお金は返金という神がかったサービスです。

 

6冊分も返金依頼すれば、15000円ぐらい返ってきていることになるので、

実質年間15000円程度の負担でビジネス書を読めて、

経営者マインド育成されていくので、僕は凄く気に入っているサービスですね。

(極端な話、毎月返金ならタダってことになります。)

 

実際、今回紹介した『時間投資思考』みたいに、

かなりの良書もあるので、そういうのはかなり勉強になります。

 

大体感覚的には、年間で送られてくる12冊のうち、

4冊ぐらいが大当たり、4冊ぐらいが当たり、4冊が微妙って感じですね。

気に入らなかったら、返金して貰えばいいだけの話なので、

そういう意味では、いいものだけを取り入れることができます。

 

最初に言いましたが、捨てるマインドです。

 

実際にお金払っちゃうと中々捨てれないんですけど、

お金返ってくるなら捨てれますからね。

ちゃんと経営者思考の人のニーズに答えているサービスです。

 

こういう書籍を通じて、経営者思考を付け、

そしてトレーダー思考を磨いていくことって凄く大事ですね〜

 

>>月刊ビジネス選書はこちら

 

そうそう、このメルマガの読者さんの中には、

会社経営者の方や、起業家の卵の方、

あるいはいずれ脱サラして行こう!!って方も多いですね。

 

そういう方は、読み放題の電子書籍の中にある、

マーケティング、コピーライティング系の本を読んでみてください。

 

僕はメルマガを書く立場なので、

文章を書くライティングって結構ここで勉強しましたね。

 

あと、僕みたいにブログやメルマガを将来的にやってみたい!!

って希望のある方なんかも、凄く為になるので是非読んでみてください。

 

>>月刊ビジネス選書はこちら

 

ではでは。

 

公式メルマガではブログ未公開情報をバンバン配信していますので、
もっと勉強したいという方は、無料メルマガに遊びに来てくだいね!!

 

ゆきまさFX無料メルマガ ⇨ 詳細を確認



スポンサードリンク



ゆきまさFX無料メルマガ講座
"3つの豪華特典"プレゼント中

①プロが行う『環境認識』

②超シンプル!!『水平線分析』

③相場で『最もおいしいポイント!!』




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です