支配波の中のトレンド、5波と5波のフラクタル

どうも、ゆきまさFXです。
今回はダウ理論とも関係する“支配波”の話です。
実は、インサイドバー研究所の動画でもちょこちょこと
解説をしていたんですが、改めてです。




トレンドの認識という意味でも、
究極は“ダウ理論”が大事なのですが、
ダウ理論は結構細かいところまで勉強すると、
まあまあ面白いですよ。

 

支配波の概念

 

では、まず“支配波”という概念について。
下記の画像をご覧ください。

 

sihai.001

 

支配波というのは、
トレンドを支配する波の事です。

 

例えば上図であれば、
これは“アップトレンド”ですので、
これは上げの勢いが相場を支配しているのですが、
具体的にどの波動が支配しているのかを考えます。

 

アップトレンドの場合ですが、
この場合の支配波というのは、
押し安値と最高値を結ぶ波のことです。
ダウントレンドの場合は、
戻り高値と最安値を結ぶ波ですね。

 

黄緑色の上下の矢印がありますが、
このプライス帯で値動きがある場合は、
これは上げの支配波の中の値動きでしかないです。

 

だから例えば、

 

sihai.002

 

こんな風に『高値切り下げ』が起きたとしても、
これは上げの支配波の中での出来事ですので、
ダウ理論のトレンド定義では、アップトレンド継続は揺るぎません。

 

ここは結構間違えて認識している人も多いところですが、
図のようにオレンジ色のラインを下に抜いていたとしてもです。
ここで見ると下げトレンド発生みたいに思えますが、
押し安値を下に抜けていない以上は、まだ上げトレンドです。

 

支配波の中で細かいトレンドが発生したと考え、
超スキャルピングというのもありなのですが、
そういう手法はあるとしても、それは支配波の中の、
限定的な値動きの話だと理解しておく必要がありますね。

 

一般的にトレンドフォローの手法でやるというスタイルで、
ダウ理論を重要視する場合は、トレンドの定義を改めて
きっちりと理解しておくと、見え方が洗練されると思います。

 

支配波の中で発生するトレンドをポジティブに活用!!

 

さて、先程は支配波の中で細かいトレンドもどきが発生したとしても、
それは大きな支配波の中での出来事にすぎない、
つまりノイズでしかないと解説してきました。

 

これは特に注意しないといけないのは、
誤ってトレンド転換を捉えてしまうケースです。

 

sihai.002

 

例えばこの状態で、
『あ、ダウントレンドに転換!!』
と捉えてしまうのは、
『ちょっと待った!!』ということです。

 

支配波の中でのトレンドだと、
限定的な捉え方をして、
それに合った戦略を構築するのであればいいですが、
完全に大きな流れが下に切り替わったと捉えるのは、
理論的には間違っています。

 

支配波の中である以上、
それはその支配波のトレンドが相場を支配しているので、
このケースであれば、まだ上の流れの支配と認識します。

 

しかし、支配波の中だとしても、
その中で発生する細かいトレンドもどきを、
ポジティブに、つまり一つの優位性として考えるのはありです。
それは下記のようなケースです。

 

sihai.003

 

この場合は、上げの支配波の中で、
さらに上げのトレンドが発生という理解です。
(厳密に言えば間違った表現ですが。)

 

先程のケースでは、
上げの支配波の中で、
下げのトレンドもどきが発生するので、
これに釣られるのは危険!!という事ですが、
今回はどうでしょうか??

 

今回のケースでは、
もともと大きな上げの支配波ですので、
その中でさらに細かく上げトレンドもどきなら、
それはむしろいいサインですよね。

 

正しい理解としては、
もともとの上げの支配波のトレンド以外、
別にトレンドではないのですが、
その支配波の中にあえて目線を固定して、
その中のトレンドと考えるのであれば、
その2つの向きが同じ方向なら問題なしです。

 

これがフラクタルに考えるということでもあります。
そうすると、戦略も生まれてきます。
下図をご覧ください。

 

sihai.004

 

例えば支配波の中で、
オレンジラインを超えた時点で
小さなトレンド発生をとらえて、
その次の押しから買いエントリーを仕掛けることもできます。

 

この場合は、小さなトレンドの第5波を狙っていますが、
これは大きな流れでも5波の形成途中ですので、
5波と5波のフラクタルで上げの流れという場所。
そこを狙ってエントリーしていくのは1つの手ですよね

 

今回は支配波の正しい理解と、
トレンドのとらえ方、そして支配波の中の出来事、
この基本的な部分についてでした。

 

それでは、今回はこの辺で!!

 

公式メルマガではブログ未公開情報をバンバン配信していますので、
もっと勉強したいという方は、無料メルマガに遊びに来てくだいね!!

 

ゆきまさFX無料メルマガ ⇨ 詳細を確認



スポンサードリンク

ゆきまさFX無料メルマガ講座
"3つの豪華特典"プレゼント中

①プロが行う『環境認識』

②超シンプル!!『水平線分析』

③相場で『最もおいしいポイント!!』




1 個のコメント

  • 今回の動画は自分が最近考えていた内容でした。

    4時間足では買いの支配波にある中、1時間足で下降トレンドを築いたので、
    それを頼りに売りエントリー。

    結果は、急激な戻しにあい損切です・・・

    自分のマイルールに、4時間足が明確な上昇トレンドを築いている時は、1時足が下降トレンドになっても売りエントリーはしないというルールを追加しました。

    また、深い押し目からのエントリーがどうしても苦手だったのですが、今回の動画の話を聞いて自分のトレードを見直してみようと思いました。

    いつも為になるわかりやすい動画解説ありがとうございます☆

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です