小競り合いの後ラインをチョイ抜けして下げていく波動の処理

どうも、ゆきまさFXです。
今回は結構細かいテーマというか、波動の詳細を取り扱ってみたいと思います。




ライン分析をやっていく中でも、結構疑問に思うことがあるところで、
やはり個別に整理しておいたほうがいいと思う箇所のケーススタディです。

 

意外とあるこの形

 

では、まず下図をご覧ください。
意外とこの形があります。

 

linetyoi.001

 

要するにどういうことが言いたいのかというと、
まず黄緑色のラインL1を見てください。

 

一旦このラインを下に抜けているので、次の目標としてはL2までの下落を狙うのがセオリーですよね。
ラインからラインまで進む、これはライントレードの基本です。

 

すると、L2まで下落していく流れを狙おうと売り場を探すことになるのですが、
L2を抜けた後、横ばいの動きを形成して、その後抜いたはずのL1を今度は上に突破してしまった場面です。

 

これ、ライントレードで見るのであれば少し悩ましいところで、
“L1を下に抜いたから”L2まで加速するのではないのかというのが大前提だったはず。

 

そうなると、再びL1を上に抜かれてしまっては、目線がブレますよね。
あれ、やっぱ上かな?って思ってしまうということです。

 

そうなると、大事なのはその後の自分の中のシナリオの再構築なのですが、
やはりこれは事前に用意しておかないと、その場で思いつくようなものではないですよね。

 

今回の図では、結果的にL1を上に抜いた後、再度L1を下に抜いてから目標のL2まで結果的に下げたってケースですが、
こうなった時に、自分ならこの下落についていくことができたのかを改めて考えてみるのはいい機会だと思います。

 

単純について行けたのかどうかだけではなく、
どこからこの波に乗れたのだろうか?ということを想像しながら、自分の戦略を構築してみるのが面白いし、考察になりますよね。

 

となると、やはりパターンを場合分けして考えておくのが大事ですよね。

 

ケース1

 

linetyoi.002

 

では、一つ目のケース想定です。

 

これは何がやりたいのかというと、目標値L2と小競り合いの下限の値幅がそこそこあるような場合を想定しているってことです。

 

まず、今回考えないといけないのはL1を上に抜けてしまった後、
再度目線を下に戻せたとして、どこから売りエントリーが可能なのか?ということですよね。

 

これ、あえて今回はこのオレンジの小競り合いを書いているのですが、
ここの処理との兼ね合いで戦略を構築しなければいけないので、そこを考える訓練になるからです。

 

最も安全に行くのであれば、再度この小競り合いを下に抜けてからの戻しで売りエントリーを仕掛けて、
L2までを狙っていくのが一番いい戦略ですよね。

 

しかし、これは問題がありまして、
小競り合いの下限からL2までの距離がある程度ないと仕掛けられないってことです。

 

今回の図では、その値幅がある程度見込めるケースを想定していますので、
そのようなケースであればこのような戦略を構築しても全然OKってことです。

 

ケース2

 

さて、ケース1をやればもう次にどんな場面を想像しておかなけれないけないのかは分かると思います。
そうです、下図のようなケースです。

 

linetyoi.003

 

これは、ケース1とは違って小競り合いの下限からL2までの値幅があまりないんですよね。
そうなってくると、ケース1でやったように、小競り合い抜けてから売るという戦略は微妙です。

 

というのも、狙える値幅があまり少ないのに仕掛ける必要があり、
なんか本当に搾りカスを搾り取っていくようなエントリーですよね。笑

 

いや、いいんですよ。
俺はとことん搾り取ってやるぜってスタイルでも。

 

ただ、ケース1のような場面に比べて、
同じ1トレードを比較した時に、どちらをチョイスしたいのかを考えると、自ずと優位性という概念が理解できるはずですよね。

 

じゃあ、このような小競り合いの下限からL2までの距離が近いケースでは、
何もできないのかってことですが、これは考え方を変えればそんなことはないです。

 

linetyoi.003

 

いやこれ、そもそもオレンジの小競り合い下限抜けてから安全に行こうとするから
その安全を追い求めるあまり、見込める値幅が小さくなってしまうというデメリットを受け入れなくなってしまっているんです。

 

それなら、思考を変える。
逆に安全を捨てる事により、デメリット排除するんです。

 

そうすると、図に示したように、
もう思い切って小競り合いを抜ける前から仕掛けてしまうという戦略です。

 

もうお分かりだともいますが、これ結構リスキーですよね。
だって、この小競り合いのゾーンにめがけて売らないといけないです。

 

こうやって小競り合いが起きているプライスゾーンっていうのはポジションがある程度溜まっていますので、
ここに潜んでいる売りポジが、建値決済等で逃げてくるときの買い注文が入りやすいんです。

 

そうなると、その可能性があるところで売るわけですから、
まあリスキーってことです。

 

しかし、そのリスクを取らない限りは、取れる値幅がないので売りで狙っていくことができないので、
もうそのリスクを受け入れることこそが、ここでできるある意味最善の一手です。

 

この小競り合いで反応して上げてしまったら損切りですが、
その覚悟を持って、そのリスクを受け入れて勝負できる人はやればいいんじゃないの?ってことです。

 

勿論、さらに上位足から大きな目線で下がイメージできることや、
自分が使っているその他のロジック等の売り有利なサインが複数出現した時のみ仕掛けるなどの条件つきエントリーをルールにしてもいいですよね。

 

やるかやらないかの二者択一の問題に持ち込むのではなく、
こうなったらやるし、こうなったらやらないを決めておくということです。

 

それって結構策士ですよね。
憧れちゃいます。笑

 

諸葛孔明とかに相場をやらせたら、どんなパフォーマンス見せるんでしょう?笑

 

このように、値幅が少ない時はこうやってリスクを呑むことで、
デメリットを打ち消すという思考になりますが、

 

この場合のトレーダーマインドとしては、
例え勝率が低くても、リスクリワードで勝ち越してやろうってマインドです。

 

勝利した場合の取る値幅を大きくすることで、多少勝率が低くてもトータルで勝ち越すという思考の人向けですね。
なので、利確が伸ばせないって人には向かないってことになりますよね。

 

結局そうなるとそのトレーダーのスタイルや性格を考慮しないとトレード戦略を決めることは不可能であり、
常にそれは自分自身をどれだけ自分が理解しているのかって問題ですよね。

 

己の気持ちとの対話をしない限り、決して戦略は構築できないという点では猿真似が一切通用しない世界。
やはり、FXはメンタルによって大きく左右されてしまうビジネスだと言われる意味をひしひし感じますね。

 

それでは、今回はこの辺で!!

 

公式メルマガではブログ未公開情報をバンバン配信していますので、
もっと勉強したいという方は、無料メルマガに遊びに来てくだいね!!

 

ゆきまさFX無料メルマガ ⇨ 詳細を確認



スポンサードリンク



ゆきまさFX無料メルマガ講座
"3つの豪華特典"プレゼント中

①プロが行う『環境認識』

②超シンプル!!『水平線分析』

③相場で『最もおいしいポイント!!』




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です