インサイドバー研究所《第一回》押し目買いとインサイドバー

in-001

どうも、ゆきまさFXです。
ちょっと今週から新たな試みをしようかと考えております。




今週からの新コーナーは“インサイドバー研究所”です。
インサイドバーを使ったエントリー手法について、僕自身ももっと研究しようとしているのでまだ未完成の手法です。

 

このブログの中で、皆さんと一緒に研究できればと考えております。
皆さんからのアドバイスとかも頂けるととっても嬉しいです。

 

インサイドバー手法について

 

まず、インサイドバー手法についての解説です。

 

デイトレで使用する手法でして、
1時間足のインサイドバーを構成した後、その次の足がインサイドバーを越えていくところをエントリーするというシンプルな手法です。

 

イメージ的にはこんな感じです。

 

in-001

手法そのものはそこまで難しくないです。
はらみ足の次の足の1時間の値動きを利益に変えていこうとする手法ですね。

 

まあ、僕自身結構インサイドバーが好きでして、
なんとなく好んで使っていたんですけど、改めて検証作業をしようと思ったので、ブログで公開していくことにしました。

 

で、話を戻しまして、
このインサイドバー手法なのですが、サインが出れば常にエントリーというわけではないです。

 

もちろん、ここにさらに制約をかけます。

iii-001

ルールはこういうことです。

 

あくまで、トレンドフォロー限定の手法で、
その場合のトレンドフォローの定義は“ダウ理論”で定義するってことです。

 

そして、1時間足のインサイドバーが『セットアップ』で、
その次の足でエントリーの意思決定をしていくってことですね。

 

で、④つ目が少し分かりにくいもしれませんので、
下図で確認します。

irei-001
こういうケースでも、インサイドバーとみなすってことです。

 

ここでは、厳密にバーが前の足に収まっていないですが、
大幅に安値更新しているわけではないので、これもインサイドバーとみなすって意味です。

 

まあ、ノイズってことです。
滑ってしまったぐらいに考えています。

 

基本的に、インサイドバーの意味というのは、
前の足の勢いを止めるという意味です。

 

1時間足のインサイドバーができているってことは、
短期足で見ればそこは“レンジ”です。

 

つまり、直近までの流れが一旦死んだので、
次の足からは流れが変わりやすいんですね。

 

その性質を使ってのエントリーであり、
トレンドフォローをしていく時のみ、その手法を活用します。

 

ユーロ円1時間足【2016年11月28日〜12月2日】

 

では、一週間分のユーロ円の検証します。
下図は1時間足です。

 

yu1-004

 

yu1-005

青が売りのサイン、赤が買いのサインです。
すると、売り3回買い8回計11回エントリーポイントがあります。

 

売りの③は損切りになりますが、
それ以外は勝ちor建値ですね。

 

結構勝率いいですよね?
買いの②と⑤と⑦が建値ですかね??

 

うまく利食いできれば、勝ちトレードで終えることもできますね。

 

ちなみに、買いの③は一番美味しい形で、
インサイドバーの中にインサイドバーができています。

 

これはかなり勝率高いですね。
僕が好きなパターンの一個です。

 

というふうに、毎週インサイドバーの手法の検証をしていこうと思っています。

 

一応、書くポイントの15M足を見ましょう。
実際にエントリーするのは15M足ですからね。

 

yu1-006 yu1-007 yu1-008 yu1-009 yu1-010

何か参考になれば幸いです!!

それでは、今回の解説は以上です。

 

公式メルマガではブログ未公開情報をバンバン配信していますので、
もっと勉強したいという方は、無料メルマガに遊びに来てくだいね!!

ゆきまさFX無料メルマガ ⇨ 詳細を確認



スポンサードリンク

in-001

ゆきまさFX無料メルマガ講座
"3つの豪華特典"プレゼント中

①プロが行う『環境認識』

②超シンプル!!『水平線分析』

③相場で『最もおいしいポイント!!』




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です