ハーモニックパターン①『ガートレー』

どうも、ゆきまさFXです。

エリオット波動理論が一段落したので、

今回から違うテーマで解説していきます。

 

今回からは、

“ハーモニックパターン”

についての解説です。

 

近年、

フィボナッチが割と重要視されてきていて、

ハーモニックは是非勉強しておくべきことなんですね。

 

というのもですね、

海外で結構ハーモニックが流行ってきていて、

波動の終点にハーモニックがはまることが多いんです。

 

ハーモニックパターンについては、

よくわからないから勉強していない!

っていう人も多いと思います。

 

でも理解ておくと、

1つのエッジとして昨日しますので、

絶対にマスターして欲しいと思います。




ハーモニックパターンとフィボナッチ波動の数値

 

まず、

ハーモニックパターンというのは、

フィボナッチの波動の数値を使うので、

基本からやりましょう。

gatore-002

フィボの波動の数値についての理解ですが、

ほとんどの方が理解していると思います。

 

しかし、

多くの方が意識していない数値があります。

 

その数値を使ってハーモニックの理論が構成されていますので、

今回は基本からやらせていただきます。

 

まず、

ピンク色の波動をみてください。

この上昇に対する“押しの割合”を測るツールが

“フィボナチリトリースメント”ですよね。

 

多くの人は押しの割合を測る時の数値として、

『38.2%、50%、61.8%押し』

が最もメジャーではないでしょうか??

 

基本的にはその数値のどこかで

波が反転していくことが多く、

その理解だけでもいいのですが、

ハーモニックパターンをマスターしたければ不十分です。

 

今回必ず覚えて欲しいフィボの数値は、

上記記載の数値に加えて、

『78.6%と88.6%』です。

 

あまりメジャーではない数値だというのと、

基本ボラティリティの大きな通貨で使うので、

クロス円をしない人は使っていないかもですね。

 

しかし、

今回はハーモニックマスターですので、

必ず覚えてくださいね。

 

さらに、

この円形波動

についても改めて復習です。

 

fibo-004

 

これ結構前に解説したんですが、

覚えていますか??

 

これは、

フィボの100%を越えての押し

ということです。

 

全押し後の波動フィボの数値ですね。

 

『127.2%、161.8%、261.8%』

この円形波動の数値は、

波動の終点候補でしたよね。

 

これもハーモニックパターンでは

よく出てくる数値ですので、

この際一緒に覚えてしましましょう!!




ハーモニックパターン『ガートレー』動画解説

 

 

ハーモニックパターン以外にも、

チャートパターンの

動画解説をしております。

 

詳細はYoutubeの公式チャンネルをご覧ください。

ブログや一般動画ではお伝えしていない

マル秘情報については、

ゆきまさFX公式メルマガでお伝えしております!!




ハーモニックパターンの代表『ガートレー』

 

では、

ハーモニックパターンを解説します。

 

ハーモニックパターンは、

何種類もあるので、

代表的なガートレーで解説していきます。

 

まずは下図をご覧ください。

 

gatore-004

 

これが『ガートレー』です。

ハーモニックパターンの超基本形です。

 

まず、XからAへの下落を見てください。

この下落XAに対する“戻しの割合”

『61.8%』で止まってBをつけます。

 

ガートレーでは『61.8%』という数値が1つ目のポイントです。

この数値は絶対です。

 

その後、

Bから再度下落してCまでの波動をつけて、

Cから反転しています。

 

gatore-004

 

このCですが、

ここでも細かい制約があって、

これはBCの上昇に対する“押しの割合”

『38.2%〜88.6%押し』の中に収まっている事です。

 

そして、AからCへと『安値切り上げ』になっているのが重要です。

 

BCの上昇に対する”押しの割合”が

『38.2%〜88.6%押し』

の中に収まっているので当たり前ですが。

 

gatore-004

 

その後の上げ波動がとっても大事なのですが、

ハーモニックパターンは波動の終点を予測するツールで、

このDを予測するために使います。

 

Dが止まる波動の終点は、

下落XAに対する戻しの

“78.6%”となっています。

 

これがポイント2つ目で、

ハーモニックパターンの終点です。

 

終点のことを“PRZ”と呼びますね。

 

ハーモニックパターンの戦略は基本逆張りで、

このDまで波動が来たところで

逆張りショートということになります。

 

もしくはここで利確もありです。

 

ちなみに、

もっと制約があるので補足すると、

波動BCの円形波動を測った場合、

終点DがBCの波動に対しての

『127.2%〜161.8%』の中で収まる必要があります。

 

gatore-004

 

結構複雑ですか?

この辺で挫折してしまう人が多いんですよね。

 

ただ、

全部を一度で理解できない場合でも、

これだけは覚えておいて欲しいというポイントがありますので、

最後にここを押さえてください。

 

結局、

『38.2%〜88.6%押し』『127.2%〜161.8%』というのは、

流動的な数値なので、

ぶっちゃけそこまで気にする必要はないです。

 

それよりも、

最初のBの戻しが“61.8%”

というのは絶対ですのでここをまず押さえる。

 

そして、

ガートレー終点のDが、

XAの下落に対する“78.6%”戻し

ということを押さえて欲しいです。

 

この数値は絶対ですので、

必ず押さえておいてください。

 

基本的にA→Cと安値切り上げ

が起きた時点でBが61.8%だったら、

その時点でDを予測して欲しいのです。

 

gatore-004

 

ハーモニック終点のDが78.6%になるかも?

という予測をして、

そこまでのシナリオを構成するのがハーモニックですね。

 

さて、

上図はベア相場での例を紹介しましたが、

当然ブル相場もあり得ます。

 

gatore-005

 

この場合も考え方は全く一緒で、

何れにしてもDの波動の終点を予測するために

使っていただきたいです。




ハーモニックパターン種類一覧まとめ

 

さて、

ここまではガートレーで解説しましたが、

その他のハーモニックも載せておきます。

 

使い方はガートレーと一緒なので、

フィボナッチの数値が異なる箇所を、

丸暗記すれば問題ないかと思います。

 

ハーモニックパターン『バット』

 

下記は、

『バット』と呼ばれる

ハーモニックパターンです。

 

 

 

ハーモニックパターン②『バット』

2016.12.10

 

ハーモニックパターン『バタフライ』

 

下記は、

『バタフライ』と呼ばれる

ハーモニックパターンです。

 

 

 

ハーモニックパターン③『バタフライ』

2016.12.17

 

ハーモニックパターン『クラブ』

 

下記は、

『クラブ』と呼ばれる

ハーモニックパターンです。

 

 

 

ハーモニックパターン④『クラブ』

2016.12.24

 

ハーモニックパターンのインジケーターは無料か?

 

ここまでハーモニックパターンを解説してきました。

 

しかし、

もうお気づきだと思いますが、

覚えることがかなり多いですよね。

 

ハーモニックパターンは便利なツールですが、

フィボナッチの数値を覚えておかないといけないので、

結構挫折してしまう方も多いです。

 

しかし、

チャートの中にインジケーターとして、

ハーモニックパターンを表示できるものがあるので、

厳密に数値を覚える必要はありません。

 

残念ながら無料のインジケーターが、

MT4には標準搭載されていないので、

以下では有料のインジケーターを載せておきます。

 

①MT4 ハーモニック サーチインジケーター 主要4パターン

 

1つ目は、

『MT4 ハーモニック サーチインジケーター 主要4パターン』

と呼ばれるツールです。

 

 

このような感じでハーモニックを表示してくれます。

 

>>『MT4 ハーモニック サーチインジケーター 主要4パターン』の詳細はコチラ

 

②MT4 ハーモニック主要4パターン自動売買ツールEA

 

2つ目はEA(自動売買)のツールです。

 

インジケーターではありませんが、

ハーモニックパターンを使って、

自動売買してくれるMT4のソフトですね。

 

 

トレードスタイルとして、

“ハーモニックパターン1本”

という方であれば自動売買もいいかもしれません。

 

>>『MT4 ハーモニック主要4パターン自動売買ツールEA』の詳細はコチラ

 

ハーモニックパターンをMT4で使うために必要な証券口座

 

ハーモニックパターンを使う場合、

MT4のチャートプラットフォームが必要です。

 

インジケーターをカスタマイズしたり、

その他のツールを混在させるには、

やはりMT4は必須です。

 

 

しかし、

国内証券のほとんどがMT4に未対応であり、

海外証券口座を開設する必要があります。

 

知らなきゃ損!国内口座ではなく海外口座を利用する5つのメリット

2017.03.06

 

その場合オススメなのが、

『XM』と呼ばれる最大手の証券会社です。

 

 

MT4に対応していますし、

“初回限定で3000円分のキャッシュバック”

がありますので、それだけでもお得です。

 

 

XMの場合は888倍のレバレッジが効くので、

たった3000円でも、

動かせる資金は約300万ほど。

 

ドル円とかであれば、

2lot(2万通貨)ぐらいは

トレードできます。

 

そのまま放置しておいて、

10円でも抜ければ、

一撃20万円の利益になります。

 

このチャンスが初回に

無条件で手に入るので、

どなたでもチャレンジする価値があるのが特徴です。

 

3分ぐらいで口座作れちゃいますし、

デモ口座にも対応しているので、

サクッと作っておくといいと思います。

 

>>『XM』で3000円分の取引ポイントを受け取る

 

ハーモニックパターンが学べる本

 

ハーモニックパターンを本でも学びたい!!

そういった方には下記の3冊がオススメです。

 

①フィボナッチ逆張り売買法

 

ハーモニックパターンを学ぶには、

最もオススメなのがこちらです。

 

 

タイトルがフィボナッチですが、

ハーモニックも解説しております。

 

僕の知る限りでは、

“ハーモニック単体だけ”

という本を知らないので、

この本が一番網羅的だと思います。

 

ガートレー、バット、バタフライなど、

1通りの事は学べる書籍です。

 

②フィボナッチトレーディング

 

こちらは、

ハーモニックパターンと言うよりは、

“フィボナッチ”に関する本です。

 

 

内容的にはアカデミックですが、

フィボナッチの理解はよく出来ます。

 

ハーモニックパターン以前に、

まだフィボナッチがよく分からない方は、

先にこの1冊を読んでみてください。

 

③大衆心理を利用して利益を上げる!維新流トレード術

 

 

最後の1冊ですが、

これは大衆心理に関する本です。

 

ハーモニックパターンと言っても、

所詮チャートは人の心が形成するもの。

 

チャートが止まるところや

チャートが動き出すところには、

必ず市場参加者の心理が働きます。

 

ハーモニックパターンが上手くはまるのは、

丁度その数値で人の心が動くから。

 

例えば利確したくなる心理、

損切りしたくなる心理が絡み合います。

 

大衆心理をマスターすれば、

単にハーモニックの数値を使うだけでなく、

チャートが手に取るように分かるようになります。

 

今だけ期間限定で、

無料で貰える書籍なので、

早めに貰っておくといいでしょう。

 

>>『大衆心理を利用して利益を上げる!維新流トレード術』を無料で貰う

 

それでは、今回の解説は以上です。

 



スポンサードリンク



ゆきまさFX無料メルマガ講座
"3つの豪華特典"プレゼント中

①プロが行う『環境認識』

②超シンプル!!『水平線分析』

③相場で『最もおいしいポイント!!』




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です