エリオット波動理論トライアングル『大波5波、小波3波』

どうも、ゆきまさFXです。
今回は、エリオット波動理論の話といえばエリオットなんですが、

 

エリオット関係なく理解しておいたほうがいいことだと思いましたので、
これは一つのロジックだと考えて、きっちり抑えていただきたいと思います




とは言っても一応はエリオット波動理論の話が絡んできますので、
軽くエリオットの復習からやっていきます。

 

tra-002

もう何回も解説してますので、
さすがに飽きたかもしれませんが念のために。

 

エリオット波動理論では、
『1→2→3→4→5→A→B→C』とこの順番で波動が観測されます。

 

要するにこれが“上昇5波・下落3波”ということです。
エリオットでは、この波動のリズムをとにかく大切にします。

 

今回の講義のテーマはそのエリオットで言うところの、
第4波に関する話になります。

 

上図で赤丸で囲ってある部分が“第4波”ということになります。
ここに特徴があります。

 

トライアングル

今回のテーマで重要なのは“トライアングル”です。
トライアングルは色々種類がありますが例えばこんなの。

tra-003

有名なチャートパターンですので、
ほとんどの方はご存知かと思いますが“アセンディングトライアングル”ですね。

 

特徴としては、『安値は切り上げるけど、高値更新はできていない』ということです。
一般的な解釈としては“上方向へのセットアップ”

 

つまり、横ばいに地ならしをして、
上に行くエネルギーを貯めている期間に構成されます。

 

もちろん、アセンディングトライアングルを必ずしも上向きのサインと捉えればいいのかというと、
さすがにそれは単純すぎます。

 

上に行くことの方が多い(大体6割ぐらい)ですが、下もあります。
結局全体的な流れの中での解釈が必要になります。

 

言いたいことは、“一律上方向のサインと判断”やめてほしいということです。
下もあり得ます。

 

上に行く可能性の方が高いというだけですので、
それ以上の過度な期待は身を滅ぼすことにつながります。

 

で、このトライアングルなのですが、
トライアングルを構成する波の”数”に注目して欲しいのですが、『5波』で構成されていますよね。

 

まずはこの『5波』という数をきっちり頭に叩き込んでください。

 

“大波5波、小波3波”

トライアングルの波動というのは基本的に“5波”で構成されますが、
これがエリオット的な考え方になって来るわけです。

 

で、さらに覚えていただきたいのが“小波3波”という概念。
どういうことかは下図を見てください。

tra-004
大波は5つの波で構成されるのですが、
その一つ一つの波が“3波”で構成されているのが分かるでしょうか??

 

これが“大波5波、小波3波”というキャッチフレーズで言いたかったことです。

 

ピンクの波動を日足レベルの大波とすれば、
水色の波動が“小波”ということになります。

 

ピンクの波動一つ一つが、水色のN字波動で構成されていますが、
N字ということは”3波”ということですからね。

 

ここを今回は一番理解して欲しいと思います。

 

その他

 

トライアングルは、当然ですが”アセンディングトライアングル”だけではありません。
他にもあります。

 

ディセンディングトライアングル

tra-005

これは”アセンディングトライアングル”の逆です。
『高値は切り下げだけど、安値更新できていない状態』

 

ここでも”ディセンディングトライアングル”自体は大波(ピンク色)は“5波”で構成されています。
そして、それを細かく見ればそれぞれが“3波”で構成されています(水色)

 

他にも、

 

ペナント

tra-006

これも”大波5波、小波3波”の理論で説明できるとするのが、
やはりエリオット波動理論の考え方ということです。
最後に、

 

ブロードニングフォーメーション

tra-007

これは“ブロードニングフォーメーション”、別名Y波動ですが、
これもトライアングルの一種ですので、エリオット的には”大波5波、小波3波”というルールにはまると考えます。

 

最後にもう一度だけ念押しをしておきますと、
これはエリオットの“第4波”で起きていることを学習していることを忘れないでください。




エリオット波動の見つけ方!インジケーターは有料・無料?

 

『エリオット波動を自分で見つけるのが難しい!』

『エリオット波動の見つけ方が知りたい!!』

という方にはインジケーターを必要とされる方もいます。

 

MT4の標準搭載の無料のものであれば、

 

・EWPro

・ZigZag

 

辺りを使ってみるといいと思います。

 

有料のツールであれば、

『エリオット波動第3波を狙え』

というものが販売されています。




エリオット波動理論をMT4で使うために必要な証券口座

 

エリオット波動のインジケーターを使う場合、

MT4のチャートプラットフォームが必要です。

 

インジケーターをカスタマイズしたり、

その他のツールを混在させるには、

やはりMT4は必須です。

 

 

しかし、

国内証券のほとんどがMT4に未対応であり、

海外証券口座を開設する必要があります。

 

知らなきゃ損!国内口座ではなく海外口座を利用する5つのメリット

2017.03.06

 

その場合オススメなのが、

『XM』と呼ばれる最大手の証券会社です。

 

 

MT4に対応していますし、

“初回限定で3000円分のキャッシュバック”

がありますので、それだけでもお得です。

 

 

XMの場合は888倍のレバレッジが効くので、

たった3000円でも、

動かせる資金は約300万ほど。

 

ドル円とかであれば、

2lot(2万通貨)ぐらいは

トレードできます。

 

そのまま放置しておいて、

10円でも抜ければ、

一撃20万円の利益になります。

 

このチャンスが初回に

無条件で手に入るので、

どなたでもチャレンジする価値があるのが特徴です。

 

3分ぐらいで口座作れちゃいますし、

デモ口座にも対応しているので、

サクッと作っておくといいと思います。

 

>>『XM』で3000円分の取引ポイントを受け取る

 

エリオット波動理論を学べる本(書籍)やDVD

 

エリオット波動理論を、

もっと真剣に学びたい方の為に、

オススメ書籍やDVDも載せておきます。

 

①エリオット波動入門

 

まずは、エリオット波動と言えばこれ。

『エリオット波動入門』

 

 

完全にエリオット波動理論に特化しており、

0からエリオット波動を学びたい方は必読です。

 

②エリオット波動研究

 

こちらもエリオット波動理論を学ぶ、

定番中の定番の書籍です。

 

『エリオット波動研究』

 

 

上記で紹介した、

『エリオット波動入門』よりも、

若干分かりやすいです。

 

イラストなど見やすさのこだわりが感じられます。

 

③エリオット波動理論とサイクル理論による相場分析

 

こちらは書籍ではなく、

DVDでエリオット波動が学べます。

 

 

本だと難解に思えてしまう方でも、

DVDの動画なら理解しやすいはずです。

 

④先物市場のテクニカル分析

 

こちらはエリオット波動に

特化しているわけではないですが、

テクニカル分析の教科書です。

 

 

ダウ理論や移動平均線など、

ほぼ全てのテクニカルが学べます。

 

先物市場と書かれていますが、

FXでも理屈は一緒です。

 

この書籍は、

当サイトでも『オススメ書籍厳選7』

にランクインしている良書です。

 

>>ゆきまさFX『オススメ書籍厳選7』はこちら

 

⑤おまけの1冊『大衆心理を利用して利益を上げる!維新流トレード術』

 

最後に、おまけ情報です。

 

エリオット波動とは直接関係ないですが、

(エリオット波動についても少しだけ解説してあります。)

市場心理がよく学べる1冊が、

期間限定で無料で貰えるので紹介しておきます。

 

 

『大衆心理を利用して利益を上げる!維新流トレード術』では、

FXで最も重要な市場心理が学べます。

 

『押し目を拾うのはなぜこんな難しい?』

『なぜ自分がエントリーした瞬間に逆行する?』

『利益確定のスキームが分からない!』

 

といったトレード中に、

誰でも悩むであろうトレーダー心理を、

面白いぐらい分かりやすく説明してくれています。

 

>>『大衆心理を利用して利益を上げる!維新流トレード術』を無料で貰う

 

それでは今回は以上です。

ではでは。

無料メルマガも順調ですので、ぜひご覧ください。

 

プロなら絶対に使わない?国内証券会社がオワコンで海外証券口座に人が流れる真実はコチラです。

2017.09.28

【補足】FXにおいて『レバレッジが高い=リスク』という間違った認識を正す。

2017.09.30

スポンサードリンク




ゆきまさFX無料メルマガ講座
"3つの豪華特典"プレゼント中

①プロが行う『環境認識』

②超シンプル!!『水平線分析』

③相場で『最もおいしいポイント!!』




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です