エリオット波動理論⑨『ABC調整ダブル・スリー&トリプル・スリー』

どうも、ゆきまさFXです。

今回もエリオット波動理論の講義をしていきましょう!!




前回までABC調整では、『ジグザグ』『フラット』の解説をしてきました。
今回はそこまで頻度は高くないですが『ダブルスリー・トリプルスリー』について解説していきます。

 

エリオット波動理論。
何度も説明しすぎてさすがにくどいですね。笑

 

サクッとやりましょ。

 

まずは全体像から。

double-002
これがエリオットの波のリズムでしたね。

 

で、今回も“ABC調整”ですので、
上図のチャートの右側の話をしているんだということを正しく認識してください。

 

通常、教科書通りのABC調整は、

double-003
はい、こうやって下落の逆N字を描くのが最も理想的ですね。
でも、そうやって理論通りにならないことも当然あります。

 

ジグザグやフラットもその内のひとつですね。

 

では、今回もこのABC調整の話をしていることを、
きちんと頭に入れていただいて解説を読んでくださいね。

 

エリオット波動理論『ダブルスリー・トリプルスリー』

 

今回のパターンはそこまで頻発するわけではないです。
まあ、こういうこともあるよねってレベルで読んでみてください。

double-004

はい、まずこれが“ダブル・スリー”という形状。

 

どういう意味か分かりますか?

 

エリオット波動理論では調整というのは基本的に、
『A波→B波→C波』“3波”で構成されると考えています。

 

ですので、”ダブル・スリー”のスリーはこの”3波”のことです。
じゃあ、”ダブル”もなんとなく察しはつきますよね。

 

要するに、ダブル・スリーというのは、
ABCの3波調整を2回繰り返すということです。

 

イメージしずらいかもしれませんが、
大枠で見るとABC調整はABC調整なんですが、

 

その構成をより細かく見ると、小さなABC調整が2回生じているってことですね。

 

では、“トリプル・スリー”も意味は一緒ですので、
サクッとやってしまいましょう。

double-005
今度は、ABC調整を3回繰り返すので、
トリプル・スリーと呼ばれるチャートパターンを構成しています。

 

別の記事で解説しました、
ジグザグやフラットとは異なり、このような調整をするのもエリオット的にアリだということです。

 

まあ、極論こじつけをしているところは否めない理論ですので、
そういう考え方もできるよね、という程度の理解でもいいのかもしれませんね。

 

エリオット波動『ダブル(トリプル)・スリー』の実践的な使い方

 

ここまで、”ダブル・スリー”や”トリプル・スリー”の定義や理論的な話をしてきましたが、
一体実践的にどうこれを活用していくのかという話ですが、

 

これは僕個人的な見解ですが、
ダブル・スリーもトリプル・スリーも結局『レンジ』です。

 

ということは、“レンジのリズム”を見るツールとして活用します。
要するに、レンジがいつ終焉するのかな?というのを、

 

レンジを構成する波動をカウントすることで、
ダブル・スリーやトリプル・スリーのペースだとしたら、これでレンジ調整が終わるかな?

 

まあ、こうやって考えるときに使います。

 

勿論、エリオット信者ではないので、
だからと言ってそれだけでエントリーとかはあり得ないですが。

 

他の理論でも何かエントリーできる根拠がそもそもそこにあって、
その上でトリプル・スリーも綺麗にはまっていることを確認して武器の一つとして活用することをお勧めします!!




エリオット波動理論をMT4で使うために必要な証券口座

 

エリオット波動のインジケーターを使う場合、

MT4のチャートプラットフォームが必要です。

 

インジケーターをカスタマイズしたり、

その他のツールを混在させるには、

やはりMT4は必須です。

 

 

しかし、

国内証券のほとんどがMT4に未対応であり、

海外証券口座を開設する必要があります。

 

知らなきゃ損!国内口座ではなく海外口座を利用する5つのメリット

2017.03.06

 

その場合オススメなのが、

『XM』と呼ばれる最大手の証券会社です。

 

 

MT4に対応していますし、

“初回限定で3000円分のキャッシュバック”

がありますので、それだけでもお得です。

 

 

XMの場合は888倍のレバレッジが効くので、

たった3000円でも、

動かせる資金は約300万ほど。

 

ドル円とかであれば、

2lot(2万通貨)ぐらいは

トレードできます。

 

そのまま放置しておいて、

10円でも抜ければ、

一撃20万円の利益になります。

 

このチャンスが初回に

無条件で手に入るので、

どなたでもチャレンジする価値があるのが特徴です。

 

3分ぐらいで口座作れちゃいますし、

デモ口座にも対応しているので、

サクッと作っておくといいと思います。

 

>>『XM』で3000円分の取引ポイントを受け取る

 

エリオット波動理論を学べる本(書籍)やDVD

 

エリオット波動理論を、

もっと真剣に学びたい方の為に、

オススメ書籍やDVDも載せておきます。

 

①エリオット波動入門

 

まずは、エリオット波動と言えばこれ。

『エリオット波動入門』

 

 

完全にエリオット波動理論に特化しており、

0からエリオット波動を学びたい方は必読です。

 

②エリオット波動研究

 

こちらもエリオット波動理論を学ぶ、

定番中の定番の書籍です。

 

『エリオット波動研究』

 

 

上記で紹介した、

『エリオット波動入門』よりも、

若干分かりやすいです。

 

イラストなど見やすさのこだわりが感じられます。

 

③エリオット波動理論とサイクル理論による相場分析

 

こちらは書籍ではなく、

DVDでエリオット波動が学べます。

 

 

本だと難解に思えてしまう方でも、

DVDの動画なら理解しやすいはずです。

 

④先物市場のテクニカル分析

 

こちらはエリオット波動に

特化しているわけではないですが、

テクニカル分析の教科書です。

 

 

ダウ理論や移動平均線など、

ほぼ全てのテクニカルが学べます。

 

先物市場と書かれていますが、

FXでも理屈は一緒です。

 

この書籍は、

当サイトでも『オススメ書籍厳選7』

にランクインしている良書です。

 

>>ゆきまさFX『オススメ書籍厳選7』はこちら

 

⑤おまけの1冊『大衆心理を利用して利益を上げる!維新流トレード術』

 

最後に、おまけ情報です。

 

エリオット波動とは直接関係ないですが、

(エリオット波動についても少しだけ解説してあります。)

市場心理がよく学べる1冊が、

期間限定で無料で貰えるので紹介しておきます。

 

 

『大衆心理を利用して利益を上げる!維新流トレード術』では、

FXで最も重要な市場心理が学べます。

 

『押し目を拾うのはなぜこんな難しい?』

『なぜ自分がエントリーした瞬間に逆行する?』

『利益確定のスキームが分からない!』

 

といったトレード中に、

誰でも悩むであろうトレーダー心理を、

面白いぐらい分かりやすく説明してくれています。

 

>>『大衆心理を利用して利益を上げる!維新流トレード術』を無料で貰う

 

それでは今回は以上です。

ではでは。

無料メルマガも順調ですので、ぜひご覧ください。

 

プロなら絶対に使わない?国内証券会社がオワコンで海外証券口座に人が流れる真実はコチラです。

2017.09.28

【補足】FXにおいて『レバレッジが高い=リスク』という間違った認識を正す。

2017.09.30

スポンサードリンク




ゆきまさFX無料メルマガ講座
"3つの豪華特典"プレゼント中

①プロが行う『環境認識』

②超シンプル!!『水平線分析』

③相場で『最もおいしいポイント!!』




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です