エリオット波動理論⑦『ABC調整のジグザグ』

flat-005

どうも、ゆきまさFXです。
今回はエリオット波動理論7回目の講義です。




エリオット波動理論というのは、

zigzag-002

『1、2、3、4、5、A、B、C』のペースで波動が構成され、
一般的に『上昇5波・下落3波』で波動が動いていくという理論でしたね。

 

で、今までは上図の点線より左側の“推進波”を中心にやってきたのですが、
今回からは点線より右側の“修正波”の学習です。

 

要するに『ABC調整』と呼ばれる波動についてです。

 

『ABC調整』

 

ABC調整っていうのは要するに下図のような状態です。

zigzag-003

逆N字ってことです。
『A→B→C』の順番で波動が形成されていますが、

 

この波動というのが、

zigzag-002

この図の点線より右側の波動ってことですね。
調整波は下落3波とも呼ばれますが、ABC調整とか、ツーレッグ調整とも呼ばれたりします。

 

ジグザグ

 

今回解説するテーマは『ジグザグ』と呼ばれる形状です。
これは、エリオットの修正波、つまりABC調整の波動の特徴ってことです。

 

下図を見てください。

zigzag-004
これが”ジグザグ”を表す図なのです。

 

この波動の特徴は、
A-B-Cの波が『5-3-5』の波動に分類されるってことです。

 

上図では、例えばピンク色の波動を日足レベルの大波と考えた場合、
黄緑色の波動が1時間足のような小波を意味しています。

 

ピンク色の大波は『A→B→C』と3波に分解されるのですが、
それをさらに細かく見ると黄緑の波動になります。

 

A波とC波は『1→2→3→4→5』の5波で構成されていますし、
B波は『A→B→C』と3波で構成されてますね。

 

このように、ABC調整は『5-3-5』にさらに細か分けられるというのがジグザグです。

 

上図は『ブル相場』における”ジグザグ”です。

 

え、なんで下落してるのにこれが”ブル相場”?って思われた方もいらっしゃるかと思います。

 

ですが、ここでいう”ブル相場”っていうのは、全体的な流れに対する表現です。
上図のような下落Nの形でABC調整しているってことは、

zigzag-002
はい、もともとは上図のような流れだったということでしょ?
これは完全に“ブル相場”ですね。

 

ですので、全体的な流れの中での表現ですのでご注意ください。

 

ということは逆にこっちが『ベア相場』における”ジグザグ”ってことです。

zigzag-005

ダブル・ジグザグ

 

では最後に応用編として『ダブル・ジグザグ』をやっておきましょう!!
ダブル・ジグザグってのは要するに下図のような状態です。

zigzag-006

この”ダブル・ジグザグ”の特徴はA波とC波です。

 

これらの波が真ん中に『A→B→C』の調整を挟んでいますが、
要するに『5-3-5』のジグザグ2個連結してます。

 

まあ、これはそこまで有名なチャートパターンでもないので、
余力のある方だけ理解しておけばいいのかな?って思います。

 

それでは今回の講義は以上です!!

 

公式メルマガではブログ未公開情報をバンバン配信していますので、
もっと勉強したいという方は、無料メルマガに遊びに来てくだいね!!

ゆきまさFX無料メルマガ ⇨ 詳細を確認



スポンサードリンク

flat-005

ゆきまさFX無料メルマガ講座
"3つの豪華特典"プレゼント中

①プロが行う『環境認識』

②超シンプル!!『水平線分析』

③相場で『最もおいしいポイント!!』




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です