エリオット波動理論③『エクステンション(拡張)』

はい、それではエリオットの3回目の解説ですね。
やはり、エリオットは一度やり始めると結構続きますね。笑




今回のテーマは『エクステンション(拡張)』についてですね。
それでは早速やっていきましょうか。

 

エリオット波動理論

 

もう3回目ですが、一応復習から。

eri3-002

エリオット波動理論では、
推進5波、調整3波となるサイクルが基本となります。

 

上昇する波が『第1波→第5波』、下落する波が『A〜C波』ってことです。
ま、これは前回も話していますのでこの辺りで。

 

で、今回は上げていく1〜5波動についての特殊な形状についての解説です。

 

基本的には下図のようになるのが綺麗で、教科書的です。

eri3-003

しかし、こうやって綺麗な形にならず、イレギュラーな形状になることもありますので、
そのパターンを少しマスターしましょう!!

 

エクステンション(拡張)

eri3-004

『エクステンション(拡張)』というのは、上図の黄緑色の部分です。
ここは第1波がエクステンションしているという表現をします。

 

これは大波と小波の関係のイメージです。
第1波がさらに細かく『5つの波』に分解することができます。

 

ここでのポイントは『5つの波』に分解できるというこです。

 

エリオット波動理論では、上げていくという時は5つの波で上げていくという原則ですが、
このエクステンションでもやはり5波で上げていくんですね。

 

このエクステンションは、もちろん上図のように第1波だけでなく、

 

eri3-005

第3波で起きることもありますし、

eri3-006

勿論、第5波で発生することもあります。

 

これが今回のテーマのエクステンションです。
イメージできたでしょうか??

 

このように、1、3、5波でエクステンションすることが普通にあります。
しかし、これにはいくつか条件がありますので、そこを最後に復習しましょう。

 

エクステンションの条件

 

eri3-007

 

まず一つ目ですが、上図の3枚の画像では1、3、5波の全てにエクステンションの可能性があることを記載しましたが、
エクステンションを伴う波は1つしかありません。

 

例えば、第1波でエクステンションしたら、第3波、第5波でエクステンションはしません。
エクステンションするのは1つです。

 

続いて、2つ目の条件(特徴)ですが、
エクステンションをしていない残りの2波は大体同じ長さになっているということです。

 

例えば、第1波がエクステンションしていた場合、
エクステンションしていない第3波と第5波の長さが大体同じぐらいになりやすいってことです。

 

勿論、前回エリオットの成立条件で、
『最も長い波は第3波』ということも学習してますから、あくまで第3波が第5波より少し長いけど同じぐらいってことになりますね。

 

はい、以上が今回やりたかったエリオットのエクステンションに関する特徴です!!

 

公式メルマガではブログ未公開情報をバンバン配信していますので、
もっと勉強したいという方は、無料メルマガに遊びに来てくだいね!!

 

ゆきまさFX無料メルマガ ⇨ 詳細を確認



スポンサードリンク

ゆきまさFX無料メルマガ講座
"3つの豪華特典"プレゼント中

①プロが行う『環境認識』

②超シンプル!!『水平線分析』

③相場で『最もおいしいポイント!!』




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です