『半値押し戻し』の大衆心理を知る

どうも、ゆきまさです。
今回は、上級編ですね。




上級編でも、大衆心理をかなり重視した解説をしていくつもりですので、
初心者の方でもビビらず読んでみてくださいね。

 

今日のテーマは『半値押し戻し』の大衆心理ということです。
半値、いわゆるフィボナッチの『50%』のリトリースのことですね。

 

『半値押し』

 

それでは、下図を見てください。

50-002

ABの上昇波動に対してのちょうど半値押しがCですね。

 

今回はこの『半値』付近での買いと売りの攻防と、
それがなぜ起きるのかということ、そしてどう戦略を考えていくのかを勉強していきたいと思います。

 

『バトルゾーン』

 

はい、相場ではいわゆる売り買いの攻防が起きやすい場所、
つまり『バトルーゾン』というものがいくつか存在します。

 

ここでの大衆心理をしっかり考えること、
なぜそういう動きになるのかと疑問を持ちながらチャートを見るのが重要ですね。

 

それでは、半値付近での攻防について下図で解説しましょうか。

 

50-003

 

まず、いつも僕が口を酸っぱくして何度も言っている波動のイメージについてです。
普通に考えて、この図でピンクの波動が出来て半値押しをつけた後、どういうイメージが持てるのか考えましょう。

 

まあ、普通に考えたら押し目買いって言葉があるぐらいですから、
図中の赤線の波動のイメージを持つのが自然ではないでしょうか??

 

これは、上目線押し目買いをしようという戦略の人はここでは、
『買い注文』を入れてくる可能性が高いと考えられますね。

 

では、これで分析終了でいいのでしょうか??
『ダメ』ですね。

 

いいですか、相場というのは、
『あなたが上だと思っている時程、それと同じかそれ以上に下だと思っている人がいる』と思っていた方がいいです。

 

ですので、下だと思う人がいるとしたら、
それはどうしてだろう?と考える癖をつけましょう。

 

となると、下目線でここを考えるならば、
BCの波動の下落の流れが継続するという目線があるからですよね?

 

上目線の人は、BCの下落を『押し』と捉えるのに対して、
下目線の人はそこを『下げトレンド』と見て、それを継続させようと考えるわけです。

 

ですので、ここは目線が割れやすい場所であるというわけです。
こういう視点を持てる人が少ないんです。

 

ですので上図の黄緑色のボックス内は『バトルゾーン』って考え方もできます。

 

で、結局どっちが勝つのですか?
とか意味不明な質問だけはやめましょう。

 

バトルになるのであれば、その勝敗がつかない限りなんとも言えないのです。

 

こういうことを知っていると、安易なポジション建てをしなくなり、
負けトレードや決め打ちエントリーを減らすことができるというメリットがあります。

 

それでは、ちょっとケーススタディで考えましょう。

 

ケーススタディ

 

それでは、ちょっとケーススタディです、下図を見てください。

 

50-004

これは、1時間足だと思ってください。

 

高値と安値を切り下げ、前回のサポートだった部分がレジスタンスに変わるサポレジ転換して下げていきそう、
それがまさに半値戻しまで来ているところ、売りたくなりますね。

 

いいですか、基本的にはこの考え方間違ってません。
むしろ、ちゃんと分かっている人の戦略です。

 

しかし、今回は上級講座ですので、
こんな超基本的なレジサポ転換戻り売りレベルの解説で終わるようなことはしません。

 

下図を見てください。

 

50-005

 

先程は、一時間の波動しか見せておりませんでしたが、
上図では一時間の波動の中に5分足の波動を重ねて書いています。

 

水色の波動は5分足でピンク色の波動が1時間足だと思ってください。

 

すると、一時間足では先程は売れそうな場所でしたが、
5分足の水色の波動はまさに上げている最中ですよね。

 

となると、

 

『ピンクの下落を狙う戻り売り VS 5分足の上げ継続狙いの買い』とのバトルになりやすいんです。

 

ですので、ここでの売りは慎重になってもいいところで、
少なくとも5分でダブルトップをつけるとか、上げのペースのラインを引き、そこを抜けるのを待つ、

 

そういったことを考えて、うまく1時間足と5分足の波動の動きに合わせた行動をしないといけないですね。

 

勿論このレジスタンスラインと半値戻しに自信があり、
リスクを受け入れた上で、5分足の上げの流れに対して逆張りするというのがスタイルの方はそれでいいです。

 

だけど、こういうところで負けてしまう人は、
エントリーがややフライング気味な傾向があるので、一度自身のエントリーを振り返ってみるといいですよ。

 

以上で解説を終わります。

 

公式メルマガではブログ未公開情報をバンバン配信していますので、
もっと勉強したいという方は、無料メルマガに遊びに来てくだいね!!

ゆきまさFX無料メルマガ ⇨ 詳細を確認



スポンサードリンク

ゆきまさFX無料メルマガ講座
"3つの豪華特典"プレゼント中

①プロが行う『環境認識』

②超シンプル!!『水平線分析』

③相場で『最もおいしいポイント!!』




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です