資金管理『2%ルール』について

どうも、ゆきまさFXです。

 

今回は、皆さんが最も興味のないテーマ

『資金管理』

についての解説です。笑

 

では早速資金管理について説明していきます。




資金管理も学べる!『投資苑2』

 

今回の記事のタイトルの

『2%ルール』ですが、

別に僕自身が考えたものではなく、

ずっと昔から言われていることです。

 

ですのでもう既にご存知の方も

沢山いらっしゃるのではないかと思います。

もちろん、知っているだけではダメです。

2rule-002

 

こちらは、

“投資苑2”

という書籍です。

 

昔からある投資の古典書で、

資金管理やリスク管理など、

幅広く投資について書かれています。

 

“2%ルール”については、

この投資苑2に書かれている内容で、

いつの時代もずっと語り継がれると思います。

 

 

投資苑で学べる3つのM!資金管理のMoney

 

この『投資苑2』の中では、

トレーダーに必須のスキルとして

『3つのM』

という考え方があります。

 

2rule-003

 

これが3つのMですね。

 

3つのM

①Mind=メンタル

②Money=資金

③Method=手法

 

今回のテーマは資金管理ですので、

②のMの『Money』

についての解説ということになります。

 

では、『2%ルール』の解説をします。




FXの資金管理は『2%ルール』

 

“資金管理の2%ルール”

 

このルール自体は、

本当に『シンプル』です。

 

というか、

シンプルすぎて本当にこれだけでいいのか?

と逆に疑いたくなるレベルです。

 

でも、いいんです。

全くもってノープロブレムです。

 

下記が『2%ルール』です。

 

2%ルール
自己資金の2%以内しかリスクを許容してはならない。

 

はい、これだけ。以上。

今回はこれでおしまい!!

 

と、言いたいのですが、

しっかり解説します。笑

 

これだけ言って、

皆さんが本当に実行できるのなら問題ないのですが、

おそらく無理でしょうからね。

 

トレーダーとして、

勝ち続けていくためには、

いかにトータルで勝ち越せるか

の一言に尽きます。

 

これは分かっていても、

感情がそこに邪魔をしてきますから、

中々『トレーダー思考』

というものは身につかないんですよね。

 

でもトレードやっていくんだと決めた以上、

決して避けて通ることはできませんから、

何が何でもトレーダー思考

を身につけていきましょう!!

 

2%ルールに話を戻すと、

自己資金の2%以上のリスクを1トレードで取るな

ってことでしたね。

(同じことを2回言っている。本当は後100回ぐらい言いたい。)

 

では、具体的に自己資金10万円でトレードを開始した人をサンプルに考えましょう。

 

2%ルールで資金管理をする場合のサンプル

 

それでは具値的に資金管理をする場合のサンプル例です。

2rule-005

 

上記の通りですので、

これ以上特に付け足すこともないです。

 

枚数がどれだけなのかの問題はありますが、

2%ルールは資金量に対して2%以内のリスクなので、

このルールに従えば2枚以上でやってもいいことになります。

 

しかし、

ここからは僕個人的な意見ですが、

やっぱり最初から2枚でとかやらないほうがいいと思います。

 

最初は1枚から始めて、

5万〜10万資金が増えたら、

枚数を1枚追加ぐらいが一番いいと思います。

 

しかしこれは個人的な意見ですので、

どうするのかは各々の判断でお願いします。

 

またもう1つ補足すると、

枚数の問題は取引する通貨ペア

によっても変動しますよね。

 

ボラの大きいクロス円なんかは、

ストップを近くに置きすぎるとすぐ損切りに引っかかってしまうので、

ある程度ストップを見ないと話になりません。

 

ということはストップまでの値幅が大きくなるのなら、

『枚数で調整』

という話になりますので、

その視点も必要になります。

 

そして2%ルールでは、

“最初に始めた自己資金に対して2%以内のリスク”

という意味でないということも,

誤解のないようにお願いします。

 

下記の例を見てください。

 

2rule-006

 

このように2%ルールというのは、

『その時点での自己資金』

に対して2%ですからね。

 

そこは間違えないでください。

 

一律2000円という意味ではないので、

お間違えのないようお願いします。

 

当然負ければ負けるほど、

1トレードあたりで取ってよい資金が減っていきます。

 

そうすることで、

破産することがないようにという意味

も込められているのがこのルールのミソです。

 

結局トレードというのは、

上達するまでにある程度の時間と努力と経験が必要になります。

 

一生モノのスキルな訳ですから、

そんなに簡単に手に入れられるはずがありません。

 

そして経験値を積むためには、

『トレード回数』

はかなり必要です。

 

資金を溶かしてしまっては、

これ以上のトレード不可能という状態になりますので、

十分な経験値を積むことなくマーケットから撤退させられます。

 

ですので、

『まずは生き残ることができれば上出来』

その程度に考えておいてください。

 

今すぐ稼ぎたい!

もうFXしか僕にはないんです!

明日までに10万稼がないとやばいです!

 

そういう人は絶対にFXには手を出さない方がいいです。

 

絶対に破産しますし、

それは自分の勝手な都合で、

マーケットには一切関係のないことですから。

 

地道にしっかり資金管理して、

十分な経験値を積み、

少しずつ前に進んでいきましょう。




知らなきゃ損するFXの資金管理!ハイレバとの関係性は?

 

ここからは、

FXの資金管理について、

レバレッジも含めながら、

別の観点から説明していきます。

 

資金管理とハイレバレッジは無関係!

 

まず大変多くの人が誤解していることについて。

 

FXの誤解
ハイレバレッジはハイリスクなので危険!!

 

これを見て、

『その通り!!』

と思った人、それ誤解です。

 

はっきり言いますが、

“ハイレバ(レバレッジが高い)”

とリスクは無関係です。

 

これはちょっと考えれば分かることなので、

簡単にサクッと説明します。

 

FXのリスクは結局ロットの問題

 

まずFXのリスクですが、

基本的には、

“ロット”

によって決定されます。

 

例えば10万通貨のトレードを考えてください。

 

1円逆行すれば−10,000円

2円逆行すれば−20,000円

 

リスクって結局こういうことです。

 

一方レバレッジというのは、

“自己資金に対して何倍の取引ができるのか”

ということです。

 

10万通貨と言うのは10万ドルなので、

1ドル100円と仮定した場合であれば、

日本円にすると1000万円のことです。

 

でもトレードに1000万円使える人は少ないので、

FXにはレバレッジという仕組みがあります。

 

例えばレバレッジが10倍まで許されれば、

手元に100万円あれば1000万の取引が可能。

 

つまり10万通貨(10lot)で取引できます。

 

レバレッジが100倍とハイレバレッジになれば、

10万円の資金が手元にあれば1000万の取引、

つまり10万通貨(10lot)の取引ができます。

 

ここで理解しないといけないのは、

レバレッジが低くても高くても、

同じ10万通貨(10lot)ならリスクは一緒と言うこと。

 

別にレバレッジが100倍のハイレバの方が、

レートが逆行した時に損失が大きくなるわけではないです。

 

10万通貨の取引である以上、

 

1円逆行すれば−10,000円

2円逆行すれば−20,000円

 

と言うことに一切変わりはありませんよね。

 

つまり、

“ハイレバレッジとリスクは無関係”

ご理解頂けましたか??

 

くれぐれも、

FXはレバレッジが高いから危険!!

といった情報に踊らされないようにしてください。

 

資金管理ではメンタル面の強さが大切

 

“リスクとレバレッジは無関係”

 

そうは言っても、一点だけ注意点があります。

それは自制心の問題、メンタル面の課題です。

 

一般的に国内の証券会社は25倍、

海外の証券会社は数百倍のレバレッジが効きます。

 

すると、

ハイレバレッジが制度的に出来るので、

リスク管理を一切せず、

フルスロットルで突撃する人が現れます。

 

レバレッジを効かせられるので、

自分の資金量に見合わないリスクを許容し、

ハイロット勝負ができてしまうからです。

 

資金管理の2%ルールなどは無視してますね。

 

一発のトレードで一気に200万通貨で勝負!!

といった事を繰り返していれば、

一瞬にして数十万円を失う事もあります。

 

これはトレードをする前に、

自分に合ったポジションを考え、

自制心を持たないと誰でもこうなる可能性があります。

 

その点において、

“ハイレバレッジが仇となる”

と言う事は十分に考えられます。

 

しかしlot(枚数)の調整は、

レバレッジではなく自分の判断。

 

やはりトレードは自制心やマインドが試される、

高度なメンタルビジネスと言えるわけですね。

 

FX投資を含む投資全般では、

市場心理を含むマインドの理解が大事ですので、

並行して勉強される事をオススメします。

 

市場心理やメンタル面の勉強には、

『大衆心理を利用して利益を上げる!維新流トレード術』

がオススメです。

 

 

『大衆心理を利用して利益を上げる!維新流トレード術』は、

今だけ期間限定で無料で貰えるので、

まだ持っていない方は貰っておいてください。

 

>>『大衆心理を利用して利益を上げる!維新流トレード術』を無料で貰う

 

無条件で10万円以上稼ぐチャンスあり?

 

ここまでレバレッジとリスク管理の話をしていきましたが、

最後に海外証券『XM』を使った裏技をお伝えします。

 

結論としては、

『誰でもたった1回だけならノーリスクで10万円以上獲得出来るチャンス』

が紛れもなく存在しているという事です。

 

やる事はすごく簡単。

サインコサインみたいな難しい公式も不要。

次の3ステップだけ。

 

<strong>必要な3ステップ</strong>

①海外証券口座『XM』に登録

②3000円分のキャッシュバックを受け取る

③受け取ったキャッシュバックでトレードする

 

たったこれだけです。

中学校を卒業するより簡単。

 

まず海外証券の『XM』に登録すると、

3000円分のキャッシュバックが貰えます。

 

 

海外証券XMは国内証券と違って、

レバレッジが最大で888倍まで効くので、

たった3000円でも2万通貨(2lot)の取引が可能です。

 

上か下かだけを予測して、

あとは放置しておきさえすれば、

思惑の方向にさえ伸びれば大きな利益。

 

2万通貨も取引できれば、

5円抜くだけでも10万円のトレードです。

 

このチャンスがノーリスクで手に入るので、

誰でも一生に一回はチャレンジする価値があります。

 

もちろんポジションが逆行し、

含み損が3000円を超えると損切りですが、

キャッシュバック分が消えるだけなので、

ノーダメージなのと同じ。

 

リスクなしでチャンスしかない。

ドラえもんの道具も顔負けって感じですね。

 

極端な話トレードした事ない人でも、

コイン投げして上か下予測すれば、

1発10万以上って結構夢あります。

 

>>XMで3000円のキャッシュバックを受け取る

 

ちなみに海外証券XMは、

MT4に対応しており、デモ口座も作れるので、

これからFXを始める人にも向いています。

知らなきゃ損!国内口座ではなく海外口座を利用する5つのメリット

2017.03.06

 

ではでは。

 



スポンサードリンク



ゆきまさFX無料メルマガ講座
"3つの豪華特典"プレゼント中

①プロが行う『環境認識』

②超シンプル!!『水平線分析』

③相場で『最もおいしいポイント!!』




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です