調整波『アセトラ・ディセトラ』の鉄板エントリー

どうも、ゆきまさです。




それでは本日も講義を始めましょうか。
サックっと読めるよう解説していきます。

 

『調整波』

 

これは以前もお話ししておりますが重要ですのでまた話します。

 

チャートは『波』ということはご理解いただいていると思うのですが、
波には『推進波』『調整波』があることを以前お話ししましたね。

 

推進波は、上昇、下落とトレンドが明白な波
調整波は、休憩中の波で、いずれ推進波に移行する。

 

そういうことです。

 

チャートは必ず、『推進→調整→推進→調整・・・・・・→推進』
推進と調整を永遠に繰り返して波動を作ります。

 

今回はその『調整波』のチャートパターンの、
『アセンディングトライアングル、ディセンディングトライアングル』の二つの解説です。

 

長いので、『アセトラ・ディセトラ』でいきますね。

 

そういえば以前は、『フラッグ・ペナント』という調整波の解説をしましたよね。

 

『フラッグ・ペナント』についての記事をまだ読んでいない方 ⇨ 読んでみる

 

『アセトラ・ディセトラ』


asedise-002



左側が『アセトラ』、右側が『ディセトラ』ということになります。

 

この調整波には典型的な特徴がありまして、
それはダウ理論の原理原則ら考えていただきたいことです。

 

(まだダウ理論の解説を読んでいない方は⇨《コチラ》

 

ダウ理論の基本は、『高値と安値の切り上げや切り下げ』でしたね。

 

では、それを意識して上図をもう一度見てみましょうか。

 

アセトラは、『高値は切り上げていないけど、安値は切り上げている』
ディセトラは、『安値は切り下がっていないけど、高値は切り下がっている』

 

それが最大の特徴ですね。(見れば分かりますけどw)

 

ダウ理論に話しを戻すのと、

 

ダウ理論の定義では、

 

アップトレンド=『高値と安値が共に切り上げている状態』
ダウントレンド=『高値と安値が共に切り下げている状態』

 

でしたよね。

 

では、アセトラはどうでしょう??
安値は切り上げていますが、高値は切り上げていません。

 

ディセトラは、高値は切り下げていますが、安値は切り上げてないです。

 

つまるところ、ダウ理論で考えると、
アセトラもディセトラも、アップトレンドともダウントレンドとも定義することができないのです。

 

トレンドではないということですから、トレンドレスです。

 

『相場の圧力は分かる』

 

しかし、いくら『トレンドレス』と言っても、何も読み取れないわけではありません。
下図のディセトラをもう一度見ましょう。

 

asedise-003

 

ディセトラの場合、
『安値こそ切り下げられてはいないが、高値はしっかり切り下げているということが読み取れます。

 

ですので、『明らかに売りに有利な状況』
そういう風に考えることができるのです。

 

アセトラの場合は、
『高値こそ切り上げられてはいないが、安値はしっかり切り上げている』ということです。

 

つまり、『明らかに買いに有利な状況』と考えられます。

 

このようにダウ理論でトレンドの定義こそできませんが、
相場の力関係を見ることは可能ですよね。

 

上図のディセトラの場合は、『徐々に売りが攻めていて、買いがしんどそう』ということは伝わってくるわけです。

 

『エントリーポイント』

 

それでは、このチャートパターンを使ってエントリーするタイミングについてお話しをします。

 

と、まずその前にもう先程までの解説でいわずもがなですが、
当然、アセトラ上へのサインディセトラ下へのサインとして考えます。

 

ま、分かりますよね。笑

 

ではエントリーポイントについてディセトラで確認しましょう。

 

asedise-004

エントリーできるポイントは2つあります。

 

1つ目は、『ディセトラ抜けと同時ブレイク』
2つ目は、『ディセトラ抜け後の戻し』

 

で売りを仕掛けていくという2ケースが考えられます。

 

これを、『ブレイク』で売る1つ目が正しいのか、
『戻しを待って売る』2つ目が正しいのか、どっち??

 

とそんなことをあまり考えてはいけません。
どちらのケースも相場では起こりますので、そんなところに答えはありません。

 

ブレイクで売れば、そのまま戻さずに下げていく波動であった場合きっちり取れる反面、
戻してきてしまうと一時は逆行に耐えなければいけないことや、騙しだと損切りに会うデメリットがあります。

 

逆に戻しで売る2つ目の場合は、ブレイクアウトで売って逆行する時間を過ごさずに済むというメリットがある反面、
戻しがなく下げていくケースは、戻ってこないので売り損ねて指を加えなければいけません。

 

どっちにもメリット・デメリットは当然存在します。

 

要するに、『戻しなく下げるかどうか』というのをチャートから読み取って、
今回は抜けたら一気に走る可能性が高いという判断なら、『ビビらずブレイクで売り』

 

逆に自信がないなら『安全に戻しを待って売り、しかし戻さなかったら指を加える』

 

そう割り切るしかないのです。

 

ただ、どういうときに戻しなくブレイクアウトで加速しやすいのかということについては、
ある程度推測が可能です。

 

それについてはかなり深い話をしないといけないですので、
ゆきまさFXの無料メルマガ講座の中でお話しようと思います。

 

ゆきまさFX無料メルマガを読んでみる ⇨ 詳細はこちら

 

とにかく、本日はアセトラ・ディセトラの定義と相場の力関係、エントリーポイントについての理解ができていればいいかと思います。
それでは、また次回!!

スポンサードリンク


スポンサードリンク

ゆきまさFX無料メルマガ講座
"3つの豪華特典"プレゼント中

①プロが行う『環境認識』

②超シンプル!!『水平線分析』

③相場で『最もおいしいポイント!!』




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です