ダブルボトムも三尊も全て『ダウ理論』で説明可能という本質理解

どうも、ゆきまさです。

 

前回のダウ理論の続きとして、

天井圏・底値圏のチャートパターン

の話を今回はさせていただきます。




ダブルボトムや三尊の『動画解説』

 

それではまずは、

“ダブルボトムや三尊”

の動画解説です。

 

 

ダブルボトム以外にも、

チャートパターンの

動画解説をしております。

 

詳細はYoutubeの公式チャンネルをご覧ください。

ブログや一般動画ではお伝えしていない

マル秘情報については、

ゆきまさFX公式メルマガでお伝えしております!!




ダブルボトム・ダブルトップのチャートパターン

 

まずは、

“ダブルボトム・ダブルトップ”

について解説していきます。

 

sokone.002

 

底値圏で現れるのが『ダブルボトム』

天井圏で現れるのが『ダブルトップ』

 

そういう理解をしてくださって大丈夫です。

 

『ダブルボトム』の正体は安値更新失敗

 

それでは巷に出ている1000円ぐらいで売っている、

しょぼい本には書いていない、

本質理解を深める

ための解説をしていきます。

 

sokone.003

 

まず、上図を確認してください。

 

相場の波動はA→B・・・・・→Gと波を描き、

ダブルボトムを形成しています。

 

では、相場では一体何が起こっているのでしょう?

 

まず、前回お話した『ダウ理論』で考えます。

 

ダウ理論を動画付きで簡単解説!使い方からトレンド転換手法まで!

2016.09.03

 

sokone.003

 

高値はB→D→Fと切り下げ、

安値はA→C→Eと切り下げ、

 

ということですので、

紛れもなく『ダウントレンド』形成中です。

 

しかし高値Fからの下落の波が、

直近安値Eを越えきれず、

同じ水準安値Eで下落が止まり、

安値Gをつけて戻してきてしまいました。

 

sokone.003

 

ここから読み取れることは、

『ダウントレンドの勢いが弱まってきたな!』

ということです。

 

この時点で、

『ダブルボトムだから買い目線』

としてしまう人がいますが、

それはちょっと危険かな?

 

僕ならそう思います。

 

というのもダウ理論では、

トレンドは転換の明白なサインが出るまで継続するもので、

そのサインとは戻り高値Dが破られるということだったはずです。

 

ですので、

戻り高値Dよりも下の

オレンジのボックス内

はまだ下目線のです。

 

sokone.003

 

ただ、

安値更新に失敗したという事実は事実

です。

 

ダウ理論ではまだ売りの流れだけど、

安値更新失敗という事実を総合的に考えると、

ここは『様子見』かな?

ってのが僕の相場の見方です。

 

玄人的な見解としては、

『下目線だけど、上意識』

といった感じです。

 

ダブルボトムは、

相場のこういったサインだと覚えておくといいでしょう。

 

ダブルトップについてはその逆です。




『三尊・逆三尊』のチャートパターン

 

続いて、底値圏・天井圏で典型的なこの2つ。

 

sokone.004

 

左側が三尊(ヘッドアンドショルダー)、

右側が逆三尊(リバースヘッドアンドショルダー)です。

 

ここまではしょぼい本にも書いてあるので、

ほどほどにして本質理解をしましょう!!

 

要するに、最後の一踏ん張りってこと

 

先ほどと同じように、チャートの流れを追いましょう。

 

sokone.005

 

A→B・・・・・→G

と波を描いています。

 

しかし、

 

高値はA→C→Eと切り上げ、

安値はB→Dと切り上げ、

 

ですので、

ここまでは典型的な

『アップトレンド』形成中です。

 

sokone.005

 

しかしあるところから、

買い勢力の勢いが怪しくなります。

 

それは高値Eからの押しが、

安値Dまで一気に迫ってきているところです。

 

ダウ理論では、

押し安値Dより上は、

上目線固定です。

 

sokone.005

 

まだ買いを狙っていいところなのですが、

『押しすぎ』かな?という、

気持ち悪い感じがします。

 

というのも綺麗なアップトレンドであれば、

押し安値Dよりも、

もう少し上で上げ始めていきますからね。

 

感覚的にはなんとかギリギリ押し安値Dに支えられたけど、

買い勢力まあまあ紙一重だったよね?

そんな感じです。

 

しかし、そのあとはもういよいよヤバい。

 

sokone.005

 

安値Fから上昇していた波は、

直近高値Eを越えきれず、高値がE→Gと切り下げ

てしまいました。

 

ここら辺で、

まだ押し安値Dを割れていなくても、

『上目線だけど、かなり下意識』という玄人思考

をしないとダメです。

 

要するに、

安値Fで何とか踏みとどまった買い勢力が、

もう悲鳴を上げている。

 

チャートの形から、

こういう『大衆心理』が読み取れると本物

です。

 

『三尊だから売りです』とか言っている人は、

表面理解しかできていません。



ダブルボトムのエントリーポイント①

 

これはダブルボトムを利用したエントリーの考え方です。

 

sokone.006

 

赤丸のネックラインを抜けたところで、

『おや?』と下の流れに疑問を感じます。

 

戻り高値を上にぶち抜いてきたところで、

ダウ理論的に目線を切り替え『おやおや』と、

頭の中に転換のサインをしっかりイメージして、

そのあとの押し目を買いにいく。

 

鉄板中の鉄板のエントリーです。

 

ここは、

メルマガでもっと詳しく解説

していますので、ここでは割愛。

 

>>無料メルマガはこちら

 

三尊のエントリーポイント②

 

次は三尊を利用したエントリーについてです。

 

sokone.007

 

三尊の場合は、

先程のダブルボトム・ダブルトップのエントリーと異なります。

 

実は三尊のエントリーは、

ネックライン兼押し安値Dを抜く前

なんですね。

 

え??そう感じた人、

よく勉強できています。

 

おそらくここで疑問を感じられる方は、

 

押し安値Dをより上は、

ダウ理論的に『上目線固定

なのに売るのか?ってことでしょう。

 

確かに、ダウ理論を徹底すればそうなんですよ。

 

ただ、こういうケースでは、

僕はあえてダウ理論の教えを遵守しません

 

ここでは、

ネックライン兼押し安値ライン(オレンジ)

のラインを抜けたあとのことを、

抜ける前に予測してください。

 

可能性としては、

 

戻しなくそのまま下げていくケース①

・ネックライン抜けの後戻して再度下げていくケース②

 

おそらくこの二つが、

メインの波動のシナリオになると思います。

 

よくしょぼいテクニカル本だと、

ケース②の形しか書いていないんですよ。

本当によくないですね、そういう本は。

 

ケース②しか頭にない人は、

ネックライン抜けた後戻しを待って売る準備をしてるんでしょうけど、

相場がケース①のような動きを選択したら、どうするつもりでしょう?

 

戻ってくると思っていたら、戻ってこない、

どんどん下落してしまう、

そういう経験ある人多いはずです。

 

ケース①のような動きを相場がする場合、

最悪でもネックライン割れのブレイクでエントリーしていないといけないんですよ。

 

でもケース②しか頭にない人は、

ブレイクアウトでエントリーできないわけですから、

ここは指を加えるしかないです。

 

ちなみに僕が、

ネックライン抜ける前で売れるのはなぜかというと、

ケース①、ケース②のどちらを相場が選択しようが、

ネックラインの上で売れていれば関係ないからです。

 

そしてまだ理由はありまして、

リスクリワードが大変よいということです。

 

当然上から売っているわけですから、

取れる値幅はネックライン抜けてから売る人に比べて、

大きいというメリットがあります。

 

しかし懸念材料は、

まだ上目線の場所なのに売るのが

リスキーということです。

 

ただ三尊の意味することは,

『買い勢力の最後の一踏ん張り』ですので、

強く下落がイメージできます。

 

ここはリスクを受け入れて、

あえて早めにエントリーする

のが僕のスタイルです。




ダウ理論のインジケーターは無料?ZigZagを使えばいい?

 

『ダウ理論を自分で見つけるのが難しい!』

『ダウ理論の波のカウントが視覚的に分からない!』

 

という方の中には、

インジケーターを使いたい!!

という人もいらっしゃると思います。

 

ここではダウ理論が使える

無料のインジケーターから、

有料のインジケーターまで紹介していきます。

 

①『ZigZag』

 

まず1つ目のインジケーターは、

『ZigZag』と呼ばれるモノで、

MT4で使える無料のインジケーターです。

 

 

このように、波を線で書いてくれるインジケーターです。

 

ZigZagのパラメーターは変更可能ですが、

デフォルトので使っても特段問題ありません。

 

要するにダウ理論の波を、

うまく線で書いてくるツールです。

 

MT4のメニュー画面から、

『挿入』→『インジケーター』→『カスタム』→『ZigZag』

と進んでチャートに導入することが可能です。

 

②『ダウ理論が切り替わるポイント』

 

こちらは有料(1,200円)のインジケーター。

『ダウ理論が切り替わるポイント』です。

 

 

その名の通り、

トレンド転換を教えてくれるインジケーターで、

図の安値や高値にラインを引いてくれるツールです。

 

>>『ダウ理論が切り替わるポイント』はコチラ

 

③『ダウ理論で相場に付いて行くepisode02(バージョンアップ版)』

 

最後はダウ理論を使った、

自動売買(EA)のインジケーター。

 

 

自動売買のインジケーターなので、

有料(12,000円)で販売されています。

 

>>『ダウ理論で相場に付いて行くepisode02(バージョンアップ版)』はコチラ

 

ダウ理論をMT4で使うために必要な証券口座

 

ダウ理論のインジケーターを使う場合、

MT4のチャートプラットフォームが必要です。

 

インジケーターをカスタマイズしたり、

その他のツールを混在させるには、

やはりMT4は必須です。

 

 

しかし、

国内証券のほとんどがMT4に未対応であり、

海外証券口座を開設する必要があります。

 

知らなきゃ損!国内口座ではなく海外口座を利用する5つのメリット

2017.03.06

 

その場合オススメなのが、

『XM』と呼ばれる最大手の証券会社です。

 

 

MT4に対応していますし、

“初回限定で3000円分のキャッシュバック”

がありますので、それだけでもお得です。

 

 

XMの場合は888倍のレバレッジが効くので、

たった3000円でも、

動かせる資金は約300万ほど。

 

ドル円とかであれば、

2lot(2万通貨)ぐらいは

トレードできます。

 

そのまま放置しておいて、

10円でも抜ければ、

一撃20万円の利益になります。

 

このチャンスが初回に

無条件で手に入るので、

どなたでもチャレンジする価値があるのが特徴です。

 

3分ぐらいで口座作れちゃいますし、

デモ口座にも対応しているので、

サクッと作っておくといいと思います。

 

>>『XM』で3000円分の取引ポイントを受け取る

ダウ理論を学べる本や書籍

 

『ダウ理論をもっと勉強したい!!』

 

とお考えの方の中には、

本や書籍でもっと知りたい!!

という人も多くいらっしゃると思います。

 

しかし実際のところ、

“ダウ理論に特化した本”

というのは存在していません。

 

“テクニカル分析の書籍の1テーマ”

“大衆心理の解説本の中の1テーマ”

 

といった扱いで解説されているものばかりです。

 

今回はその中でも、

特にダウ理論を学びやすい書籍を、

厳選して2冊紹介していきます。

 

①先物市場のテクニカル分析

 

ダウ理論を学ぶ上で、

最もオススメな本がコチラ。

 

『先物市場のテクニカル分析』

 

 

僕の知る限りでは、

この書籍がが最もダウ理論を

勉強しやすいです。

 

ダウ理論の定義や、

ダウ理論のトレンド転換など、

基本から応用まで網羅されています。

 

ダウ理論以外にも、

必要なテクニカル分析は、

ほぼこの1冊で学べます。

 

タイトルが先物市場ですが、

テクニカル分析の教科書です。

 

株・FXでも理屈は全く一緒です。

 

さらにこの書籍は、

当サイトでも『オススメ書籍厳選7』

にランクインしている良書です。

 

>>ゆきまさFX『オススメ書籍厳選7』はこちら

 

②大衆心理を利用して利益を上げる!維新流トレード術

 

こちらの書籍は大衆心理に特化しており、

その中でダウ理論を解説しています。

 

 

結局ダウ理論といえど、

相場の法則なので、

大衆心理の延長線上の理論です。

 

例えば“トレンド転換”にしても、

『どうしてそのポイントで転換するのか?』

は市場心理がそれを決めているから。

 

『損切りしたくなるトレーダーの心理』

『利益確定したくなるトレーダーの心理』

『新規でエントリーしたくなる心理』

 

これらを理解できれば、

究極ダウ理論なんて使わなくても、

チャートを読み解くことができます。

 

理論と並行しながら、

“市場心理”

合わせて学べる1冊です。

 

『大衆心理を利用して利益を上げる!維新流トレード術』は、

今だけ期間限定で無料で貰えるので、

まだ持っていない方は貰っておいてください。

 

>>『大衆心理を利用して利益を上げる!維新流トレード術』を無料で貰う

 

それでは。

 

スポンサードリンク


スポンサードリンク



ゆきまさFX無料メルマガ講座
"3つの豪華特典"プレゼント中

①プロが行う『環境認識』

②超シンプル!!『水平線分析』

③相場で『最もおいしいポイント!!』




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です