ダブルボトムも三尊も全て『ダウ理論』で説明可能という本質理解

どうも、ゆきまさです。



前回の『ダウ理論』の講義の続きとして、
天井圏・底値圏のチャートパターンの話を今回はさせていただきます。

 

『動画解説』

 

 

『ダブルボトム・ダブルトップ』

sokone.002

底値圏で現れるのが『ダブルボトム』
天井圏で現れるのが『ダブルトップ』

 

そういう理解をしてくださって大丈夫です。

 

『ダブルボトム』の正体は安値更新失敗

 

はい、それでは巷に出ている1000円ぐらいで売っているしょぼい本には書いていない、
本質理解を深めるための解説をしていきます。
sokone.003

まず、上図を確認してください。
相場の波動はA→B・・・・・→Gと波を描き、ダブルボトムを形成しています。

 

では、相場では一体何が起こっているのでしょう?

 

まず、前回お話した『ダウ理論』で考えます。

 

高値はB→D→Fと切り下げ、
安値はA→C→Eと切り下げ、

 

ということですので、紛れもなく『ダウントレンド』形成中です。

 

しかし、高値Fからの下落の波が直近安値Eを越えきれず、
同じ水準安値Eで下落が止まり、安値Gをつけて戻してきてしまいました。

 

ここから読み取れることは『ダウントレンドの勢いが弱まってきたな!』ということです。

 

よく、この時点で『ダブルボトムだから買い目線』としてしまう人がいますが、
それはちょっと危険かな?

 

僕ならそう思います。

 

というのもダウ理論では、トレンドは転換の明白なサインが出るまで継続するもので、
そのサインとは戻り高値Dが破られるということだったはずです。

 

ですので、戻り高値Dよりも下のオレンジのボックス内はまだ下目線のです。

 

ただ、安値更新に失敗したという事実は事実ですので、
ダウ理論ではまだ売りの流れだけど、安値更新失敗という事実を総合的に考えると、

 

ここは『様子見』かな?ってのが僕の相場の見方です。

 

玄人的な見解としては、『下目線だけど、上意識』そいううことになります。

 

ダブルボトムは相場のこういったサインだと覚えておくといいでしょう。
ダブルトップについてはその逆です。

 

『三尊・逆三尊』

 

続いて、底値圏・天井圏で典型的なこの二つ。
sokone.004

はい、左側が三尊(ヘッドアンドショルダー)、右側が逆三尊(リバースヘッドアンドショルダー)です。

とまあ、ここまではしょぼい本にも書いてあるのでほどほどにして、本質理解をしましょう!!

 

要するに、最後の一踏ん張りってこと

 

先ほどと同じように、チャートの流れを追いましょう。
sokone.005
A→B・・・・・→Gと波を描いているのですが、

 

高値はA→C→Eと切り上げ、
安値はB→Dと切り上げ、

 

ですので、ここまでは典型的な『アップトレンド』形成中です。

 

しかし、あるところから買い勢力の勢いが怪しくなるんです。
それは、高値Eからの押しが、安値Dまで一気に迫ってきているところです。

 

ダウ理論では、押し安値Dより上は、上目線固定ですので、
まだ買いを狙っていいところなのですが、『押しすぎ』かな?という、気持ち悪い感じがします。

 

というのも綺麗なアップトレンドであれば、押し安値Dよりも、
もう少し上で上げ始めていきますからね。

 

感覚的には、なんとかギリギリ押し安値Dに支えられたけど、
買い勢力まあまあ紙一重だったよね?

 

そんな感じです。

 

しかし、そのあとはもういよいよヤバい。
安値Fから上昇していた波は、直近高値Eを越えきれず、高値がE→Gと切り下げてしまいました。

 

ここら辺で、まだ押し安値Dを割れていなくても、『上目線だけど、かなり下意識』という玄人思考をしないとダメです。

 

要するに、安値Fで何とか踏みとどまった買い勢力が、もう悲鳴を上げている、
チャートの形からこういう『大衆心理』が読み取れると本物です。

 

『三尊だから売りです』とか言っている人は、表面理解しかできていないです。

 

エントリーポイント①

 

これはダブルボトムを利用したエントリーの考え方です。
sokone.006

赤丸のネックラインを抜けたところで、『おや?』と下の流れに疑問を感じ、
戻り高値を上にぶち抜いてきたところで、ダウ理論的に目線を切り替え『おやおや』と、

 

頭の中に転換のサインをしっかりイメージして、
そのあとの押し目を買いにいく。

 

鉄板中の鉄板のエントリーです。
ここは、メルマガでもっと詳しく解説していますので、ここではここまでで割愛。

 

本質理解を深めたい人は無料メルマガで確認してください。
メルマガ登録後、すぐにメールが届き、登録者限定無料特典が送られてきますので、

 

その中に『相場の最もおいしいポイント』という限定動画がありますので、そちらを見てください。

 

メルマガを読んでみる ⇨ メルマガ詳細はコチラ

 

エントリーポイント②

 

次は三尊を利用したエントリーについて
sokone.007

三尊の場合は先程のダブルボトム・ダブルトップのエントリーと異なります。
ゆきまさFXでは三尊のエントリーは、実はネックライン兼押し安値Dを抜く前なんですね。

 

え??そう感じた人、よく勉強できています。
おそらくここで疑問を感じられる方は、

 

押し安値Dをより上は、ダウ理論的に『上目線固定』なのに売るのか?ってことでしょう。

 

はい、ダウ理論を徹底すればそうなんですよ。
ただ、こういうケースでは、僕はあえてダウ理論の教えを遵守しません

 

それはなぜか?

 

ネックライン兼押し安値ライン(オレンジ)のラインを抜けたあとのことを、抜ける前に予測してほしいのですが、
可能性としましては、

 

戻しなくそのまま下げていくケース①
ネックライン抜けの後戻して再度下げていくケース②

 

おそらくこの二つが、メインの波動のシナリオになると思います。

 

よくしょぼいテクニカル本だと、ケース②の形しか書いていないんですよ。
本当によくないですね、そういう本は。

 

ケース②しか頭にない人は、ネックライン抜けた後戻しを待って売る準備をしてるんでしょうけど、
相場がケース①のような動きを選択したら、どうするつもりでしょう?

 

戻ってくると思っていたら、戻ってこない、
どんどん下落してしまう、そういう経験ある人多いはずです。

 

ケース①のような動きを相場がする場合、最悪でもネックライン割れのブレイクでエントリーしていないといけないんですよ。
でも、ケース②しか頭にない人はブレイクアウトでエントリーできないわけですから、ここは指を加えるしかないです。

 

指を加えることができれば上出来なのですが、
お馬鹿さんは、
追いかけて意味不明な位置で売ってしまいます、言語道断です。笑

 

で、僕がネックライン抜ける前で売れるのはなぜかというと、
ケース①、ケース②のどちらを相場が選択しようが、ネックラインの上で売れていれば関係ないからです。

 

そしてまだ理由はありまして、
それは『リスクリワード』が大変よいということです。

 

当然上から売っているわけですから、取れる値幅はネックライン抜けてから売る人に比べて大きいというメリットがあります。

 

しかし、懸念材料は、まだ上目線の場所なのに売るのがリスキーということです。

 

ただ、三尊の意味することは『買い勢力の最後の一踏ん張り』ですので、強く下落がイメージできますので、
ここはリスクを受け入れて、あえて早めにエントリーするのが僕のスタイルです。

 

この話は相当価値あったんではないでしょうか?

 

スポンサードリンク


スポンサードリンク

ゆきまさFX無料メルマガ講座
"3つの豪華特典"プレゼント中

①プロが行う『環境認識』

②超シンプル!!『水平線分析』

③相場で『最もおいしいポイント!!』




2 件のコメント

  • 初めまして。
    本質FX時代のブログを拝見し、やっと自分の手法を固められました。
    前のブログは全て10回以上繰り返し拝見させて頂きました。
    突然更新がされず、残念かつ心配していたのですが、復活して頂いてとても嬉しく思います!

    これからも為になるブログ、メルマガ宜しくお願い致します>_<

    • コメントありがとうございます。

      以前からブログでたくさん勉強してくださっていたのは、大変光栄です。

      改めて、微力ではありますが僕自身の情報発信で一人でも多くの方がFXで成功し、
      そしてのびのび自由な人生を送り、

      さらにその先の人生に『目標』を持っていけるような世の中を実現してみたいな!

      なんて、柄にもないことを思い始めて(笑)、
      今こうしてまた第二の人生の目標に向かい、走り始めました。

      今後もよろしくお願いします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です