『先物市場のテクニカル分析』は先物だけじゃなくFXでも使えるんです。

先てく

 

はい、それでは本日は『テクニカル分析』に関する書籍を紹介していこうと思います。



まあ、僕のブログとメルマガで基本的なテクニカル分析については紹介しているので、
こういったテクニカル関連の書籍をオススメすべきか迷いましたが、

 

僕の解説動画では不十分だ!!
お前じゃわからんから早く、いい書籍教えろ!!

 

という『あなた』のために紹介します。笑

 

いや、動画についてはかなりのクオリティだとは思っているんですけど。
普通にトレーダーが作ったレベルにしては上出来じゃないですか??

 

できたら、画面の向こうで皆さんが頷いていたら嬉しいです。笑

 

まあ、それはそうとしても、
一冊ぐらいは書籍でも『テクニカル本』を紹介しておくのも悪くないかな?ぐらいの、

 

そんな気持ちで今文章書いてます。

 

『先物市場のテクニカル分析』

 

先物

 

今回紹介する書籍についてはFXブログにも関わらず、
思いっきり『先物市場』になっとるやないかいーー!!って思われたかもしれませんが、

 

基本テクニカル分析は『流動性』のあるマーケットならば機能しますので、全く問題ありません。

 

株価指数、FXなどは流動性ありですが、株の個別銘柄は物によっては流動性ないので、
テクニカルが機能しにくいというのはありますので、もし株もやっている方がいらっしゃったら注意してください。

 

書籍の特徴

 

まあ、とにかく基本的にほぼ全てのテクニカルを網羅してます。

一部、ハーモニックパターンなのは記載がなかったです。

 

『投資苑』でもテクニカルの基本はかなり学べますが、
それをさらに細かく解説している書籍でした。

 

『ド』が付くぐらいの初心者の方でも、これは絶対にスラスラ読めます。

 

・ダウ理論
・基本チャートパターン
・トレンドライン
・チャネルライン
・水平線
・フラッグ・ペナント等
・出来高
・移動平均線
・RSI
・MACD
・ポイントアンドフィギュア
・エリオット波動理論
・サイクル理論

 

まあ、まだまだ書いてありますが、ほぼ網羅してます。

 

こんなの、よくありきたりの本じゃん??
そう思われるかもしれませんが、一応推奨するからには理由がちゃんとあります。

 

この本の突筆すべきは『ダウ理論』に関する説明が、
僕が今まで読んできた書籍の中では一番わかりやすいです。

 

まあ、僕の動画解説の方が100倍分かりやすいですけどww

 

と、寝言は寝てから言うとしまして(半分本気)、
とにかく『ダウ理論』がまだ使えていない人は、その勉強のために購入して欲しいですね。

 

他のテクニカルについてもわかりやすく解説できてますし。

 

ただ、オシレーター系は所々難しかったですけど。

 

まあ、ぶっちゃけ僕はオシレーターは『ダイバージェンス』以外見ないので、
僕のトレードをお手本にされる方は、気にしなくても大丈夫です。

 

その代わりではないですが、
メルマガもしっかり読んでくださいね。笑

 

無料メルマガだからといって一切手を抜いていないですし、
それどころか、ブログに書くと他のブロガーがパクる恐れのある手法もメルマガならではの限定公開してるぐらいです。

 

メルマガ無料登録はこちらから ⇨ メルマガ詳細

 

と、話を書籍に戻しますと、
それぐらい基本のテクニカルは網羅できていて、ものすごく教科書的にいい書籍でした。

 

僕の無料動画やメルマガを読んでから、書籍を購入でも全然遅くないです。

 

勉強熱心な方は、ぜひ手元においておく一冊として読んでみてください。

 

先物

購入はこちら

スポンサードリンク


先てく

ゆきまさFX無料メルマガ講座
"3つの豪華特典"プレゼント中

①プロが行う『環境認識』

②超シンプル!!『水平線分析』

③相場で『最もおいしいポイント!!』




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です