『ゾーン』相場心理学は深い

500

どうも、ゆきまさです。

 

今回は、いわゆる『トレーダー心理』のお話です。

 

そして、書く前から分かっている、
今回の話も受けが悪いことにww


ただ、僕のメルマガなんかをしっかり読んでくださっている方は、
結構成長されていらっしゃるでしょうから、大丈夫かな?多分w

 

で、今回おすすめする書籍も、

 

いわゆる、
大人は絶賛、子供はディスる系の書籍で、

 

だからこそ、勝ち組思考な方にはすごく有意義な書籍です。

 

『ゾーン』

 


はい、今回紹介させて頂く書籍、
その名も『ゾーン・相場心理学入門』

 

まず、この書籍について解説する前に、一言いっていいですか?

 

これ『宗教ですか??』

 

いや、タイトル胡散臭さマックスw

 

前回紹介させていただいた『高勝率トレード学のススメ』も、
そこそこ怪しさMAXなタイトルでしたけど、

 

今回のはその比ではないぐらい怪しいw

 

いつも思うんですけど、
なぜ優良書籍はいつもこうタイトルがイマイチなのでしょう?笑

 

内容はピカイチなのにそこだけ本当にもったいないですw

 

『ゾーン』って何よ??

 

皆さんが、宗教だと感じてページを閉じてしまう前に、
早めに誤解をときます。(出版社に怒られる前にw)

 

『ゾーン』と言うのはですね、
要するに『ものすごーく集中していて、一切の邪念がない精神状態』そんな感じです。

 

皆さん、『ゾーン』を経験されたことがありますか??
実は多くの方が、この状態を経験しているはずです。

 

分かりやすい状況で説明すると、
例えばオリンピックの水泳で、

 

選手が『まさに今泳いでいる状態』、これはおそらくゾーンです。

 

おそらく、選手の皆さんは、
『泳ぐ』ただそれだけに没頭していて、一切余計なことを考えていない

 

周りからの声援も全く聞こえていないでしょう、
それぐらい凄まじい集中力ということです。

 

皆さんも、何かに没頭している時、おそらくこんな感じでしょうね?

 

清○和博元選手なんかも、
バッターボックスではゾーンだったと言われています。

 

一切お客さんの声が聞こえないとか。

 

あ、キヨさんは、『あれ』してる時も『ゾーン』だったんでしょうか??
(いかん、おしゃべりが過ぎていますw)

 

話を戻しますと、
トレードしている時も『ゾーン』の境地にたどり着け、そういうことです。

 

トレーダーとしての『ゾーン』

 

いわゆる、『トレーダーの究極状態』というのは何ぞや?
という話なのですが、

 

これはこういうことです。

 

相場のことが全て分かり、相場に渦巻く大衆の心理も理解できたときに、
人は、トレードのありとあらゆるリスクを真の意味で受け入れ

 

マーケットで得られる、快感、苦痛、欲望、驚き、絶望etc

 

ありとあらゆる感情がなくなり、

 

ただ淡々と自分自身のトレードスタイルを確立し、それに従い、
練りに練られたトレードプランを、その通り実践し、

 

そして正しく勝ち、時に正しく負ける

 

それを一切の感情なく淡々とこなす。

 

とかいう究極状態らしいです。

 

はっきりいます、『無理です』。

 

僕自身、

 

リスクは受け入れ、最悪○○円負けるという結果で終わることもあると、十分理解し。
それでも優位性があり、勝率が高いポイントに絞りに絞ってエントリーしてますが、

 

それでもやはり、損切りになると、苛立ちや焦りといった感情は発生します。
昔みたいに、パソコンにマウス投げつけるみたいなことは無くなりましたけどw

 

専業で、曲がりなりにもプロとして日々トレードする人間でも、
トレーダーとしての『ゾーン』にはまだ到達していないのです。

 

まだまだ、修行が足らないということです。笑

 

ただ、この書籍を改めて読み返すと、
結局損切り後のメンタルの持ち直し方が、

 

トータルの収益を大きく変化させてしまうことが分かりますし、
負けている大衆95%のトレーダーが、今どんな気持ちなのかが、

 

よーく、分かるんですよね。

 

相場で勝てるようになるコツの一つに、
『逆に、負けている人間のことを知り、それと逆をやればいい』というのがあります。

 

その辺りのことについても、『ゾーン』はしっかり書かれていて、
さすが名著と呼ばれるだけのこともあるなと思いました。

 

ここまで、『ゾーン』の魅力を少ししか伝えられていませんが、
それ以外にも、

 

・ファンダメンタル、テクニカル分析を超越した、心理分析
・トレードの甘い誘惑
・損失の考え方、向き合い方
・優位性と確率論
・信念と真実の違い
・一貫性を持ったトレードプラン

 

これらも濃い内容ですね。

 

前回紹介した、『高勝率トレード学のススメ』と一緒に読むと、効果抜群ですね。

 

この本のレビューを読む

 

この書籍は、『トレーダーの最終形態はここだ!!』という、遠いですが、確実に最終目標はここなんだな、
そういうことを自身に気づかせてくれる書籍です。

 

しかも、心理学とか書いてて難そうですけど、
内容そのものは理解しやすいです。

 

それでいて、確信・本質をしっかりついてます!

 

まだ、読んだことがない方は、
テクニカル分析の勉強疲れた〜と思った時の『チェイサー』的なバイブルとして読んでみるのもいいのではないかと思います。

 

購入はこちら

スポンサードリンク


500

ゆきまさFX無料メルマガ講座
"3つの豪華特典"プレゼント中

①プロが行う『環境認識』

②超シンプル!!『水平線分析』

③相場で『最もおいしいポイント!!』




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です